ハイローオーストラリアに出金拒否ってある?拒否される原因と対策方法をまとめて解説!

海外バイナリーオプション業者を利用する上で不安になるのが「ちゃんと出金できるのか」という点ですよね。

ハイローオーストラリアの利用を検討している人からも「出金拒否があるのでは?」と不安に思う声がたくさん上がっています。

「ハイローオーストラリアは安全な業者だって聞いたけれど、本当にちゃんと出金できる?」
「出金拒否される原因って何?」

と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ハイローオーストラリアの出金拒否の有無、なぜ出金拒否が起こるのかその原因と対策について紹介していきます。

この記事を読めば、ハイローオーストラリアから出金拒否されるリスクを大幅に減らし、安心して取引できるようになるのでぜひ参考にしてください。

どうしてここまで出金拒否が騒がれるのか?

バイナリーオプション初心者の方は「そんなに出金拒否されることがあるの?」と疑問に思うでしょう。

バイナリーオプションが流行し始めた頃、たくさんの悪徳業者がはびこっていました。

「入金はできても出金できない」
「しかも出金拒否される原因もまったく不明」

と、理不尽な仕打ちを受けた人がたくさんいます。

バイナリーオプション業者のひどい有様から、バイナリーオプション=悪徳のイメージが定着してしまい、多くの業者が消えてしまいました。

そんな中で良心的な業者としてハイローオーストラリアが生き残っている、と考えると、安心して取引できるバイナリーオプション業者である、といえるのではないでしょうか。

まだ悪徳業者は少なからず存在しています。

だからこそ、誰もが気持ちよく取引できるハイローオーストラリアをおすすめしている、というわけです。

しかし、いくらハイローオーストラリアといえど、利用規約に反するようなユーザーには容赦無く出金拒否や利益没収、口座凍結が行われています。

そのような自体を避けるためにも、取引ルールをきっちりと守ることが大事です。

ハイローオーストラリアが出金拒否する原因・理由とは?

上でも少し触れましたが、ハイローオーストラリアが出金拒否する原因・理由の大多数は「利用規約違反」「取引ルール違反」に抵触しているか、になります。

出金拒否が起こりうる主な原因に次の5つが挙げられます。

  • 異なる名義人を使用する
  • 不正取引や禁止されている取引を行う
  • 自動売買ツールの使用
  • 複数口座の開設
  • グループ取引

それでは各原因の詳細をみていきましょう。

名義人の不一致は出金拒否の大きな原因になるので注意

ハイローオーストラリアで取引するにあたり、名義人に関する様々な情報が必要になってきます。

例えば次の3つ。

  • ハイローオーストラリアの口座名義人
  • 入出金に使用する銀行口座の名義人
  • 入金に使用するクレジットカードの名義人

ハイローオーストラリアは「同一の名義人でなければ取引できない」としています。

これは不正利用によるマネーロンダリングを防ぐために導入されていて、海外FX業者、バイナリーオプション業者はすべて当てはまると考えて差し支えないでしょう。

そのためどれか1つでも異なる名義人のものが認められた時点で取引停止や出金拒否が発生することになります。

よくあるのが、家族や配偶者名義の銀行やクレジットカードから入金・出金するパターンです。

家族からちゃんと了承を得ていたとしても、ハイローオーストラリア側はそれを判断できませんし、不正利用のリスクを回避するために厳しい対応をせざるを得ません。

ハイローオーストラリアを利用する際は、全て同じ名義人の口座を使用することを覚えておきましょう。

不正取引や禁止された取引を行うと出金拒否を受ける

ハイローオーストラリアはいくつかの取引ルールが設けられています。

その中でもついついやってしまいがちなのが次の3つです。

  • スキャルピング
  • マーチンゲール
  • アービトラージ

これらはすべて禁止された取引とルール付けされていて、違反してしまうと出金拒否となります。

それぞれ簡単に説明しましょう。

スキャルピング

短い時間で複数の注文を繰り返す取引。

FXではよくある手法ですが、バイナリーオプションで使うと極端に勝率が高くなりすぎる可能性が出てきます。

例えばテクニカルツールを使って、支持線・抵抗線が抜けるタイミングを見計らうとしましょう。

これらが抜けるタイミングは「買い」「売り」が集中しやすい=スキャルピングの大チャンスとなります。

例えば抵抗線を抜けたあとは「買い」が集中しやすい傾向にあるため、上昇トレンドが生まれ、HIGH狙いのスキャルピングを繰り返せば勝率が上がる、といった戦略を取れます。

しかし実際にはさほど勝率に変化はなく、むしろ普通のFXの方がスキャルピングに適しているという意見も多いです。

いずれにせよ、ハイローオーストラリアは短期間での極端な複数注文はスキャルピングと見なし、出金拒否の原因になりかねないので注意しましょう。

マーチンゲール

マーチンゲールは「倍がけ法」とも呼ばれる、理論上は絶対に負けない手法です。

やり方は極めて簡単。

1度負けたら、次は倍の金額をかける。

次も負けたら、さらに倍の金額をかける。

勝ったらやめて、ここまでにかけたお金を全額取り戻せる、というものです。

ハイローオーストラリアの最小掛け金は1,000円なので、1,000円を例にとってみると…

1回目:1,000円
2回目:2,000円(合計3,000円、勝てば4,000円戻る)
3回目:4,000円(合計7,000円、勝てば8,000円戻る)

といった具合です。

ここでは分かりやすくペイアウト率2倍で紹介しましたが、正確には2倍未満のペイアウト率なので、ハイローオーストラリアでマーチンゲールを行うには、2倍以上の掛け金で取引する必要があります。

さらに取引上限額が20万円なので、運悪く負け続けるとマーチンゲール法が破綻。

そのためマーチンゲールを使った攻略はリスキーです。

そもそも禁止されていることなので、くれぐれも気をつけてください。

アービトラージ

アービトラージは複数の業者を使い、一時的な価格差を狙って…

割高な業者:売り
割安な業者:買い

を行うことで、両者の価格差により利益を獲得する手法です。

しかしアービトラージはスキャルピングに適しているか…といえば微妙なところです。

バイナリーオプション業者それぞれがペイアウト率2倍以上でなければ利益を出せない上に、スプレッドも関係してきて難易度が高いため、現実的とは言い難いところ。

例えば最低エントリー1,000円の2業者があったとして…

業者A:ペイアウト率1.88倍:勝ち→1,880円(利益880円)
業者B:ペイアウト率1.75倍:負け→-1,000円
合計損益:-120円

結局120円のマイナスで終わってしまいます。

一方でペイアウト率が2倍を超える業者なら…

業者A:ペイアウト率2.05倍:勝ち→2,050円(利益1,050円)
業者B:ペイアウト率2.05倍:負け→-1,000円
合計損益:50円

とプラスに持っていくことが可能です。

実際にはここにスプレッドも考慮しなくてはなりませんが…。

バイナリーオプションでのアービトラージが「稼げる」か「稼げないか」は別として、ハイローオーストラリアは禁止しているので注意してください。

ハイローオーストラリアは自動売買ツールの使用を禁止!

ハイローオーストラリアは自動売買ツールを使っての取引を禁止していて、バレれば即口座凍結&出金拒否を受けることになります。

巷にはバイナリーオプションの自動売買ツールが販売されていて、例えば次のような機能が搭載されています。

  • 自動的なトレード
  • 売買タイミングなどを予想
  • 手動よりも速く注文できる

つまりチャートに張り付いていなくても、ツールが自動的に取引してくれるのが魅力なわけです。

しかし数万円~数十万円クラスの高額販売、そして詐欺商材の多さが目立ち、ハッキリ言ってリスクしかありません。

実際に勝っている人ほど自動売買ツールに頼らず、自分の戦略を基に取引しているものです。

くれぐれも手を出すことがないようにしましょう。

ハイローオーストラリアは1人1口座まで!複数口座はNG

名義などを偽り、1人で複数口座を作ろうという人もいますが、ハイローオーストラリアは1人1口座までと決められています。

もし複数口座が発覚した場合は、全ての口座が出金拒否になるだけでなく、口座凍結・強制解約になるので覚えておきましょう。

グループ取引(集団取引)も出金拒否の大きな原因になる

高い料金を支払って、プロトレーダーと全く同じ取引を行える商材を販売している人がいます。

参加者はプロトレーダーから指示された銘柄を購入するだけなので、バイナリーオプションの経験が全く無くても、プロと同じ取引ができ、勝率を高められる、という手法。

しかしこれも規約違反となります。

多くの人が同じタイミングで同じ銘柄を購入するため、特定は難しくありません。

リーダーは参加者から参加料を取っているので、出金拒否や口座凍結になっても、ちゃっかり稼げてしまいます。

つまり参加する人だけが損をする仕組みです。

レクチャーやテクニックに関する商材ならまだしも、グループ取引はリスクが大きすぎるので手を出すべきではありません。

ハイローオーストラリアから出金拒否扱いになったらどうすれば良い?

もし出金拒否になってしまった場合、基本的に諦めるしかありません。

当人は不当行為を行ったつもりがなくても、ハイローオーストラリアがそう判断したのなら、覆すのは難しいでしょう。

私達にできることはサポートデスクに連絡・対応してもらうことくらいのものです。

問い合わせ方法は次の2種類から選べます。

  • メール(連絡フォーム)
  • 電話(平日9:00~17:00)

手順は次のとおりです。

メニュー上部「サービス案内」→「ヘルプとサポート」を選択。

メニュー上部「サービス案内」→「ヘルプとサポート」を選択
 
 
 

下にスクロールすると問い合わせ方法が表示されます。

下にスクロールすると問い合わせ方法が表示される
 
 
 

メールか電話でコンタクト可能です。

メールで問い合わせ
 

電話で問い合わせ
 
 
 
希望する問い合わせ方法を選び、担当者に出金拒否の理由、対処方法を尋ねましょう。

まとめ

今回はハイローオーストラリアの出金拒否の有無や原因などを紹介しました。

最後にもう一度おさらいすると

  • 理不尽な出金拒否は無い!
  • ただし利用規約違反やルール違反が発覚した場合は出金拒否や口座凍結の可能性がある
  • 出金拒否になるとサポートデスクに問い合わせる他に手がない

以上3点が今回のポイントになります。

「初めての海外バイナリーオプションで心配…」
「出金拒否が怖い」

といった方は、ぜひこの記事を参考に、ハイローオーストラリアで出金拒否にならないよう、正しい取引を身に着けて下さいね。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


速攻で結果を出したい方におすすめ!!今なら入金額の200%ボーナスもあるから超得。

コメントを残す

*