ハイローオーストラリアの通貨ペアの種類や選び方を徹底解説!

ハイローオーストラリアで取引をするとき、通貨ペアを選ぶ必要があります。

しかし

「バイナリーオプションで通貨ペアってそんなに重要なの?」
「上がるか下がるかだけだから、別に米ドル円で良いんじゃない?」

と考える方が多いのも事実。

そこで今回は、ハイローオーストラリアで選べる通貨ペアの種類や、初心者向けの通貨ペア、そもそもなぜきちんと選ばなくてはならないのか、などを紹介していきます。

この記事を読むことで、自身に適したハイローオーストラリアの通貨ペアを選べるようになり、通貨ペアに迷うことがなくなるので、ぜひ参考にしてください。

そもそも通貨ペアって何?

ハイローオーストラリアは、選択した通貨ペアのレートが判定時刻までに上がるか、下がるかを予想するバイナリーオプション取引を行います。

通貨ペアの並び

上図の赤枠で囲った部分を見てもらえばわかるように…

  • USD/JPY
  • EUR/USD
  • EUR/JPY

といった具合に通貨ペアがズラリと並んでいるのが分かります。

左側の「USD/JPY」なら、ドルが取引通貨、円は相対通貨となり、ドル取引を行って、円で損益を算出する形です。

画像のケースだと「現在1ドル=107.342円のレート」と表しています。

私達日本人トレーダーにとって最も馴染みのある「米ドル円」が取引の基本になる通貨ペアと考えて良いでしょう。

しかしハイローオーストラリアは米ドル円以外にも様々な通貨ペアが用意されていて、状況に応じて使い分けられるのが強みの1つとなっています。

ハイローオーストラリアの通貨ペアは全部で17種類と豊富なラインナップ

ハイローオーストラリアが取り扱っている通貨ペアは全17種類と、他業者と比べても圧倒的な数となっています。

一覧は次のとおりです。

【ハイロー、ハイロースプレッド】

  • AUD/JPY(豪ドル/日本円)
  • AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)
  • AUD/USD(豪ドル/米ドル)
  • CAD/JPY(カナダドル/日本円)
  • CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
  • EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
  • EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)
  • GBP/JPY(英ポンド/日本円)
  • GBP/USD(英ポンド/米ドル)
  • NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
  • NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)
  • USD/CAD(米ドル/カナダドル)
  • USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
  • USD/JPY(米ドル/日本円)

【ターボ、ターボスプレッド】

  • AUD/JPY(豪ドル/日本円)
  • AUD/USD(豪ドル/米ドル)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • GBP/JPY(英ポンド/日本円)
  • NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
  • USD/JPY(米ドル/日本円)

取引方法「ターボ」「ターボスプレッド」は全7種類と少なめ。

なおハイロー、ハイロースプレッドは通貨ペアに加えて「GOLD」もあります。

と、これだけたくさんの通貨ペアがあると「どれを選べば…」と悩む気持ちも分かります。

ですが、各通貨ペアのざっくりとした特徴を覚えておけば、自然と選ぶ通貨ペアが固まってくるでしょう。

通貨ペアの選び方は「流動性」をメインに考えれば問題なし!

ハイローオーストラリアで通貨ペア選びに悩んだときは、次の3ペアがおすすめです。

  • USD/JPY(米ドル/日本円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)

理由は極めてシンプル。
流動性が高いからです。

これら3つの市場は取引量がとても多く、マイナー通貨ペアと比較してチャートの動きが穏やかな傾向にあります。

つまりテクニカル分析などを用いて、ハイローの予想を立てやすいため、より戦略的な取引ができる、と考えて良いでしょう。

取引量が盛んな時間帯に合わせて通貨ペアを選ぶのもアリ!

通貨ペアの値動きは市場が開いている時間と連動しています。

例えば東京市場がオープンしている9:00~19:00は、JPYが絡む銘柄…つまり次の2つ。

  • USD/JPY(米ドル/日本円)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)

次の時間帯はヨーロッパ市場で、17:00~翌3:00は

  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)

が盛んに動きます。

22:00~翌7:00はニューヨーク市場がオープンしているため

  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)

を選ぶのが良いでしょう。

特にヨーロッパ市場とニューヨーク市場のオープンが重なる時間帯(22:00~翌3:00)はユーロドルが活発になります。

取引する時間帯に沿って通貨ペアを選ぶのも有効な手法ですし、ハイローオーストラリアの取引可能時間(7:00〜翌6:00)にずっと取引チャンスがあるのは嬉しいですね。

悩んだら米ドル円1本に絞ってもOK!

ここまでハイローオーストラリアの通貨ペアについて紹介してきましたが、いちいち通貨ペアを選ぶのが面倒な人は「USD/JPY」だけに絞っても良いでしょう。

その理由は、世界の基軸通貨である米ドルと、メジャー通貨の1つである日本円の組み合わせだからです。

米ドルが絡んだ通貨ペアは取引量が多く、そして日本円は日本のニュースが深く関わってくるため、私達日本人トレーダーにとって使いやすいと言えます。

悩んだら米ドル円で取引しましょう!

まとめ

今回はハイローオーストラリアの通貨ペアの種類や選び方などを紹介しました。

ポイントをおさらいすると

  • 全17種類もの通貨ペアを選べる
  • 定番はUSD/JPY、EUR/USD、EUR/JPYの3ペア
  • 悩んだら米ドル円を選んでおけば間違いない!

の3つが挙げられます。

「通貨ペアで違ってくるものなの?」
「初心者にはどれがおすすめ?」

といった方は、ぜひこの記事を参考にして、ご自身のスタイルに合ったハイローオーストラリアの通貨ペアを選んでみてくださいね。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


速攻で結果を出したい方におすすめ!!今なら入金額の200%ボーナスもあるから超得。

コメントを残す

*