ストキャスティクスの有効利用の方法とは

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスはアメリカのチャート分析家ジョージ・レーン(George Lane)によって1950年代に考えられたオシレータ系テクニカル分析です。
価格の変動幅を基に相場の売られ過ぎ、買われ過ぎを表しポジショニングのタイミングを知らせてくれます。
以前紹介したRSIは価格上昇幅から買われ過ぎ、売られ過ぎのシグナルを発信してくれるオシレータ系テクニカル分析で、今回のストキャスティクスとはよく似た面もある指標でしたが使い方は少し違います。ここではストキャスティクスの使い方を中心にRSIとの相違点なども分かりやすく説明します。⇒RSIに関してはこちら

・実際の画面でチャート上にだして説明します

画面に現れた2本の折れ線がストキャスティクスになります。
2本の折れ線が0%から100%の領域を行き来しますが、RSIとの違いは折れ線の本数です。RSIは1本の折れ線、ストキャスティクスは2本の折れ線を使って表示します。
2本の線にはそれぞれ名前が付いていて違う色を付けて区別します。色は気に入った色を付ければいいのですが、片方が「%K」でもう片方が「%K」を移動平均化したもので「%D」呼びます。
「%K」は直近の終値と過去一定期間(一般的には9日間)との値動きの幅を比べたもので、現在値の水準がどれくらいかを示しています。

・RSIとの相違点

RSIは一定期間内での上げ幅の平均に対して上げ幅の平均と下げ幅の平均の和との対比ですがストキャスティクスの方は直近の終値と一定期間内の最安値の差と一定期間内の最高値と最安値の差を比べていて、直近の終値が過去の高値寄りなのか安値寄りなのかを表しています。

計算式は以下のとおりです< 計算式は覚える必要はありませんが、一応目だけでも通しておけばストキャスティクスを理解する上での助けにもなり、無駄なことではありません。   ・%Kの計算式
%K = 100×|(C-L9)/(H9-L9)|

記号の意味
C =直近の終値
L9 =過去9日間の最安値
H9 =過去9日間の最高値
| |は絶対値

・%Dの計算式
%D=100×(H3/L3)

記号の意味
H3=(C-L9)の3日間の合計
L3=(H9-L9)の3日間の合計

ストキャスティクスの判断基準値

ストキャスティクスのシグナルは0%から100%の間のどの位置にあるかで判断し、100%に近づくと買われ過ぎ、0%に近づくと売られ過ぎで見方としては、RSIと同じです。

・判断基準は80%以上か20%以下か
100%に近づくと買われ過ぎでしたが、具体的には80%を目安とします。80%で買われ過ぎ20%で売られ過ぎと判断しますが、70%と30%が判断基準だったRSIとは若干ですが違いがあります。
その違いがどこからきているのかはストキャスティクスとRSIを同じ画面に表示させれば納得できます。

同じ画面で同じ相場を反映していますが、ストキャスティクスの方がRSIに比べ振れ幅が大きいのが分かります。これはそれぞれの反映する期間のせいですが、ストキャスティクスが直近9日間であるのに対し、RSIの方は画面全体の期間を反映しており動きが緩和されているためです。

直近9日間という比較的短い時間を反映させたストキャスティクスは動きがどうしても激しくなるので、基準値の方でもそれに見合うようなより100%や0%に近い値に設定しておく必要があるのです。

ストキャスティクスが示す買いのタイミング

ストキャスティクスの売買の判断基準点は20%、80%でしたが、実際の投資ではどのように判断すればいいのでしょうか。
基準点を越えるのを待って、20%を下回れば売られ過ぎだから買いを、80%を上回れば買われ過ぎだから売りでいいのでしょうか。
実は基準点を越えたからといって、直ぐに売買のタイミングという訳ではありません。

実際に画面を見て説明します。

過去のチャートの80%越えエリアと、20%以下のエリアを注目してください。それぞれのエリアをじっくり見てみると、80%を越えてもさらに買われ続けて90%近くまで伸びているケースや20%を切ってもさらに売られ続けて10%近くまで下がるケースも見られます。
これらのケースのときに80%を越えたからといって、買われ過ぎているシグナルが出たから直ぐに反転して下がり始めると思って飛び着けばさらに買われ続け予想が外れてしまう可能性もあるということです。

それでは売買の正しいタイミングはどうすれば分かるのでしょうか

・売られ過ぎ、買われ過ぎのエリア内でのクロスを待つ

80%以上の買われ過ぎエリアと20%以下の売られ過ぎエリアの%Kと%D2本の線のクロスを待ちます。

●80%以上の買われ過ぎエリアでは
%Kが%Dを上から下へクロスした瞬間が狙い目です。
●20%以下の売られ過ぎエリアでは
%Kが%Dを下から上へクロスした瞬間が狙い目です。

%Kと%Dのクロスを待って逆張りで購入すればぎりぎりまで待ったことになりそれ以上の買われ過ぎや売られ過ぎはかなり少なくなります。

バイナリーオプションとFXの大きな違いは値差の追及をしなくてももいいところにあります。FXではできるだけ安く買ってできるだけ高く売るために、少々の危険覚悟でポジションを持つこともありますが、バイナリーオプションでは値差は関係なく高いか安いかそれだけで勝敗が決まります。遅いと思われる天井や底を見てからの参入でもバイナリーオプションでは十分間に合うのです。ただ参入が遅くなることで方向性はあっていてもトレンドが最後まで続かないケースも考えられますので、十分考慮に入れた参入をお勧めします。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*