バイナリーオプションで迷ったら原点に、基本中の基本ローソク足の月足と週足を使った勝利の図式

ローソク足とは相場にとっては基本のチャートで、長方形のローソクのような形をしています。

ローソク足について簡単に説明

・白抜きのローソクと黒いローソクがあるけど違いは何?
ローソク足で使うローソクには白抜きと黒抜きの長方形があり、それぞれに上下にひげが付いています。ローソク足は一定期間の始値と、終値、最安値と最高値を表していますが、始値に比べて終値が高い場合に白抜きの長方形を使いそれを陽線、始値よりも終値が安いと黒く塗りつぶしそれを陰線と呼んでいます。

始値から終値までの時間の取り方により月足、週足、日足のように呼びますが、もっと短く1時間足、30分足、5分足、1分足などがあります。白抜きの陽線の場合、始値に対して終値は高い位置になり、長方形の底辺が始値、上辺が終値になり、その期間の高値、安値をひげで表します。陰線の時は長方形の上辺が始値、下辺が終値になり高値安値はやはりひげで表します。

相場の動きがよく分かる使いやすいローソク足

ローソク足を並べることで長期のトレンドが一目で分かります。ローソク足は一定期間のトレンドを示しますが並べれば個数分のトレンドが示されることになります。例えば5分足は5分間の始値と終値、高値安値を表しますが、12個並べると1時間の5分毎の動きが一目で分かります。

短期勝負に長期のトレンドは必要か

・長期の中の一部分を抜き出したものが短期です。
バイナリーオプションの勝負は1分から長くても数10分の間に決まってしまいます。短期の勝負には短期のトレンドが分かればいいと思う人もいるかもしれませんが、短期のその部分だけで成り立つトレンドはなく、それまでのトレンドがあって短期のトレンドもそれに続いてあるのです。トレンドは連続するものと考えれば、決して長期トレンドを無視することはできません。

ローソク足で長期トレンドを予測

・ローソク足で長期トレンドを見るにはどうするの?
ローソク足の週足を5個並べれば1か月のトレンドが、約60個で1年のトレンドが、120個で2年のトレンドを確かめることができます。月足なら12個で1年間、120個で10年間のトレンドが確認できます。例えばドル/円の月足で10年間を見てみると2007年からは円が買われドルが売られる現象が長い間続いています。その後は反転してドルが買い戻されますが、ローソク足で長期トレンドが簡単に分かります。

ローソク足を有効利用して月足や週足を有利に応用できるバイナリーオプション業者はどこか

ローソク足は全てのバイナリーオプション業者でも取り入れている手法です。従ってどの業者でも同じように使えるので特に業者を選ぶ必要はないのですが、ローソク足はあくまでも過去の相場からの傾向を導き出したものです。

従ってローソク足を使う場面も選んだほうがいいということです。例えば相場が動かない状態になり予想も立てにくいとき、高倍率を狙って少しだけでも掛けておこうと思ったときなどです。

しかし相場の基本は、分からないときは参加を見送ることです。相場に絶対はなく見送る勇気も大切であることを忘れないようにしてください。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*