バイナリーオプションの順張りに有効なMACD

MACDのトレンドは相場と共に動く2本の線の位置と交わりで読むことができます。

チャートにはそれぞれ特徴があり、順張りのときに有効なものと逆張りのときに力を発揮するものがあります。逆張りのときに有効なチャートがボリンジャーバンドで、順張りのときに力を発揮するチャートがオシレーター系チャートとして有名なMACD(マックディ)です。

それではMACD(マックディ)って何でしょう。
 

早く言えば、MACD(マックディ)は短期の移動平均線と長期の移動平均線の離れ具合を表す指標です。
MACDは2本の折れ線で表示されます。チャート画面は横軸に時間をとり縦軸は上半分がプラス、下半分がマイナス領域です。上のチャート画面で説明すると、2本の折れ線のうち、緑の線がMACDライン、青いラインがシグナルと呼ばれています。2本の線は並んで動いているように見えますが、緑のラインが先行し青いラインがその後ろを追いかけます。すなわちMACDをシグナルが追いかける動きです。
RSIでもそうですが、2本の線がプラス領域の上の方で動いていれば買われすぎ、マイナス領域の下の方で動いていれば売られすぎのサインとみなすことができます。

MACDを上手く使うには

 
・ポイントはゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロスはマイナス領域でMACDがシグナルを下から上に抜ける動きです。デッドクロスは反対にプラス領域でMACDがシグナルを上から下に抜けますが、共に相場の転換時期を表しています。

これらのゴールデンクロスとデッドクロスが出現したときは新しいトレンドの始まりですから、その流れに沿って順張りで参入すれば勝利の確率が高くなる可能性があります。

MACDの使用に際して気を付けること

 
・「だまし」について

相場のテクニカル指標は沢山の種類が使われていますが、どれをとっても「だまし」があります。MACDの場合もゴールデンクロスやデッドクロスのサインが出ても必ずしも相場はサインどうりに動いてくれるとは限りません。

この「だまし」を見極める方法をお知らせします。
 
・テクニカルは単体では使わない

テクニカル指標を単体で使うことはまずありません。MACDに関しても同じことで、一般的にはRSIや他のテクニカル指標と一緒に使います。一緒に使うことによってそれぞれがフィルターの役目を果たし、「だまし」にだまされることを防ぐことができます。

今回の説明はMACDを分かりやすくするため単体で動かした際のポイントについて述べました。実際の相場に参入す場合はMACDだけではなくて、そのほかのテクニカル指標も同時に動かしてそれぞれのポイントを見比べることでお互いがフィルターの役割を果たし、「だまし」を見極めることができるようになります。

MACDと組み合わせて使うテクニカル指標や、実際に組み合わせて使ったときの使用法に関しては別途ご説明させて頂きます。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>