1億稼ぐ投資家たちも使う一目均衡表でバイナリーオプション攻める!

世界中の投資家たちから熱い支持!“一目均衡表”とは?

・一目均衡表とは…
一目均衡表とは,世界中の投資家たちに人気のあるテクニカル分析のひとつで,“時間”に注目して分析を行うのが特徴です。
チャートの中の5本の線から,「相場のトレンド」,「下げ止まり(いつ頃上がるか)」,「上げ止まり(いつ頃下がるか)」などの流れを一目で推測することができます。
一目均衡表は,細田悟一という日本人の株式評論家が中心となって,長い年月をかけて1936年に開発されました。ちなみに,一目均衡表という名前は,細田氏のペンネーム「一目山人(いちもくさんじん)」が由来だそうです。

・一目均衡表の5本線を知る

一目均衡表の基本となるのが,チャートの中の5本の線です。一目均衡表を読み解くために,それぞれの線について簡単に説明します。
【1】基準線
過去26日間の最高値と最安値の中間値を表した線。名前のとおり,相場の流れを表す基本となる線。
(26日間の最高値+26日間の最安値)÷2
【2】転換線
過去9日間の最高値と最安値の中間値を表した線。
(9日間の最高値+9日間の最安値)÷2 
【3】先行スパン1
基準線と転換線の中間値を表した線。α日の値をα日ではなく,α+26日先(先行)にずらしてチャートに記入されます。
(基準線+転換線)÷2 …を26日先に表示
【4】先行スパン2
過去52日間の最高値と最安値の中間値を表した線。先行スパン1と同じく,26日先にずらしてチャートに記入されます。
(52日間の最高値+52日間の最安値)÷2 …を26日先に表示
【5】遅行スパン
α日の終値をα+26日分前へ(遅行)ずらしてチャートに記入された線。

一目均衡表を読み解く(入門編)

 
・“雲”を使って,一目均衡表を読む
一目均衡表には,“雲”が存在します。その雲を使った一目均衡表を読み方が,初心者の方へはお勧めです。

一目均衡表の雲とは,チャート中の先行スパン1と先行スパン2の間に挟まれた部分のことを言います。その雲から派生して,現行レートを“飛行機”,一目均衡表を“フライト”にそれぞれ例えたりもします。
“雲”と“飛行機”の動きで,相場の「下げ止まり」や「上げ止まり」がわかるのです。

①飛行機が雲の上を飛んでいる場合
この場合,上昇トレンドの傾向を意味します。イメージとしては,飛行機は雲の上を飛んでいるため,多少高度が下がっても,雲がクッションとなって高度が守られるという感じでしょうか。

②飛行機が雲の下を飛んでいる場合
この場合,下降トレンドの傾向を意味します。こちらのイメージとしては,飛行機が雲の下を飛んでいるため,高度を上げたくても,雲が邪魔をして高度が上げられないという感じです。

③雲の厚さが意味するもの
一目均衡表を読み解くには,雲の厚さ(=先行スパン1と2の間の広さ)もポイントです。イメージとしては,雲の厚さがあるほど中へは入れず,反対に薄いほど雲を突き抜けることが容易という感じです。飛行機が雲を突き抜けると,それまで以上の勢いを伴って,上昇したり下降したりします。
つまり,雲に厚みがあるということは,現状のトレンドに変化がなく維持の傾向であることを表します。飛んでいる飛行機(=現行レート)が,雲の上でも下でも同じことが言えます。一方,雲が薄いということは,現行レートが天井まで上昇したり,底まで下降したりする傾向にあることを表しています。雲が薄いため,飛行機(=現行レート)は撥ね返されることなく,突き抜けることができるからです。

一目均衡表を読み解く(応用編)

一目均衡表には,雲の話のときに出てきたふたつの先行スパンの他に,基準線,転換線,遅行スパンという3本の線がありましたね。以下では,その3本の線を使った,一目均衡表の読み方を説明します。

・トレンドの傾向は,基準線と転換線の位置関係から読む
上昇トレンドか下降トレンドかどうかは,基準線と転換線の位置関係から見分けることができます。基本的に,転換線が基準線より上にある期間が上昇トレンド期間。反対に,転換線が基準線より下にある期間が下降トレンド期間とされています。
実際に取引をするときに注目したいのが,転換線が基準線を下から上へ抜けた交点,もしくは転換線が基準線の上から下へ抜けた交点です。前者のときは上昇トレンドへ,後者のときは下降トレンドへの転換を意味していて,このタイミングでの購入がポイントになります。

・トレンド傾向は,遅行スパンからも読める
遅行スパンは,その日の終値を26日分過去に戻った位置に表していましたね。そのため,α日の終値が26日前のレートと比べて高いか安いかを簡単に比較することができます。
遅行スパンが26日前のレートより上にある期間が上昇トレンド期間。反対に,遅行スパンが26日前のレートより下に位置している期間が下降トレンド期間とされています。
基準線と転換線の話と同様で,遅行スパンと26日前のレートが交差したポイントが購入のタイミングと判断できます。

一目均衡表は奥が深いチャートである

一目均衡表を利用すれば,「相場のトレンド」,「下げ止まり」,「上げ止まり」などの流れを一目で推測することができる…と説明しました。これまで一目均衡表の基本的な読み方を説明しましたが,そう簡単に物にできるものではありません。プロの投資家たちも読み誤ることがあるくらい,実に奥の深いチャートです。
一目均衡表を利用するときは,正しく信用性の高い情報や他のテクニカル分析と照らし合わせたりして,慎重に取引を進めてほしいと思います。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>