バイナリーオプションにおけるケルトナーチャネルの有効利用

ケルトナーチャネルについて

ケルトナーチャネルの基本構成は1本の移動平行線とそれを挟む2本の上下線のつごう3本の線と上下の線で挟まれたチャネルと呼ばれるエリアで作られています。このチャネルとローソク足の関係により相場の状況を判断できるトレンド系テクニカル指標です。

ローソク足と併用して使い、バンドを表示させる部分がボリンジャーバンドとよく似ていますが、それぞれの使い方はかなり違います。ケルトナーチャネルの使い方に関しては「■初心者でも簡単、ケルトナーチャネルはこう使う」で分かりやすく説明します。

◎ケルトナーチャネルの登場

ケルトナーチャネルの登場は1960年代初めに遡ります。開発者はシカゴの穀物トレーダー Chester W. Keltner 氏で彼の書いた『How To Make Money In Commodities』の中でテクニカル指標として初めて登場します。

ケルトナーチャネルを構成するのは基本線、アッパーバンド、ローワーバンド

・3本の線

3本の線はそれぞれ名前が付いています。
真ん中が基本線、上側の線がアッパーバンド、下側の線がローワーーバンドと呼ばれます。

・それぞれの線の求め方

ケルトナーチャネルはある期間(n日間)を設定して移動平均を出しますが、10日間が一般的な期間です。併用するローソク足や他のテクニカルも同じ期間に設定したものを使います。

期間をn日間とした各線の計算方法は次のようになります。

平均値=ケルトナーチャネルで使う平均値は高値と安値と終値を合計して3で割ったものです。
期間をn日とすると
基本線=平均値のn日間の単純移動平均
バンド幅=高値から安値を引いた値の移動平均。
アッパーバンド=基本線+バンド幅
ローワーバンド=基本線-バンド幅
となります。
言葉でいい変えれば、過去の相場の高値と安値、それに終値に注目して、ある期間(n日間)の相場の平均的な値幅バンドを過去の移動平均に基づいて算出したものがケルトナーチャネルということになります。

初心者でも簡単、ケルトナーチャネルはこう使う

ケルトナーチャネルと一緒に表示されているローソク足に注目します。ローソク足はアッパーバンドとローワーバンドのチャンネル内に表示され平時はチャンネル内を推移していますが、ローソク足がこのチャンネルを突き抜けるときがあります。この現象が起こったときがケルトナーチャネルの出番なのです。

・どちらに抜けるかでトレンドを見極める

ケルトナーチャネルのトレンドの見極め方は簡単です。ローソク足がアッパーバンドを上抜けした時が上昇トレンド、ローソク足がローワーバンドを下抜けした時が下降トレンドの発生中だと見極めることができます。

ケルトナーチャネルで判断する3形態

最初に相場のトレンドを見ておきます。ケルトナーチャネルの傾きを見れば今のトレンドが確認できます。

・基本線(移動平行線)を抜けた方向に順張りの形態

ケルトナーチャネルが傾いているトレンド発生時はローソク足が上か下のバンド近くから基本線を抜けたときは順張りが基本です。トレンド発生時に基本線を越えればそのまま逆のバンドに到達するまで同じ流れが続く可能性が高くなります。
傾きを見て上昇トレンド発生中の場合、ローソク足がアッパーバンド近辺から下降を始め基本線を下に抜ければこの流れが続くと判断、下がると予想。傾きを見て下降トレンド発生中の場合、上昇トレンドとはまったく逆で、ローワーバンド近辺から上昇を始め基本線を上に抜けたらさらに順方向に上がると予想します。

・トレンドのない状態で逆張りの形態

ケルトナーチャネルに傾きがなくトレンドが発生していないときはローソク足も横ばいに推移します。こんなときはアッパーバンドとローワーバンド近辺での逆張りが基本です。このような相場をレンジ相場といいますが、レンジ相場ではローソク足はジグザグな波形を描きます。つまり相場が拮抗している状態でトレンド相場のような力がなく、アッパーバンドとローワーバンド近辺で跳ね返されて反転する可能性が高いのです。

・アッパーバンドとローワーバンドを越える順張りの形態
ケルトナーチャネルが傾いているトレンド発生時にローソク足がアッパーバンドとローワーバンドを越えるようなら順張りが基本です。アッパーバンドとローワーバンドは過去一定期間の平均値を基本にしており上下どちらかのバンドを越えるということはそれだけ強いトレンドの発生を意味するからです。

つまりケルトナーチャネルが傾いていて上昇トレンド発生時、ローソク足がアッパーバンドを上抜けると強力な上昇トレンドと予測して順張り。逆に下降トレンド発生時、ローソク足がローワーバンドを下抜けると強力な下降トレンドが発生していると判断して順張りにかけます。

このようにケルトナーチャネルを使えば傾き具合や傾きの方向を見ることでトレンドの強弱や方向性を知ることができる有用なテクニカるといえます。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>