ユーロ圏通貨をファンダメンタルズ分析で攻略するには

ユーロ圏の経済指標にはどんなものがある?絶対に押さえておくのはこれ!

・もっとも基本となる「ユーロ圏GDP」
ユーロ圏全体のGDPを示す指標です。ユーロの国すべてを含むので、その規模は世界で最大となります。発表されるのは、3月から三ヶ月おきに、6月、9月、12月の中旬ごろ。時間帯は、日本時間で19時ごろとなっています。アメリカの四半期GDPと同じように、改定値と確報値もそれぞれ翌月と翌々月に発表となります。経済状況を把握する上では、もっとも基本的な指標です。

・物価から景気を判断する「ユーロ圏消費者物価指数(HICP)」「政策金利」
ユーロ圏での物価の動きを示す指標です。数値が高くなればなるほどインフレ傾向で好景気、数値が低くなればなるほどデフレ傾向で不景気、という判断をするのが基本です。

発表のタイミングは毎月上旬です。また、主要な産業の物価だけを対象にしたコア指数もそれに遅れて中旬に発表されます。消費者物価指数は、月に一度決定される欧州中央銀行(ECB)の政策金利の判断基準ともなるので、そちらも合わせて確認しておくとよいでしょう。発表のタイミングは、毎月上旬です。

・消費者の動向をはかる「ユーロ圏経済信頼感(景況感指数)」
ユーロ圏の消費者マインドを示す指標です。経済関係者らからの聞き取り調査で導き出す数値で、100を基準として高ければ好景気、低ければ不景気と判断されます。

このような指標は、ユーロ圏の国ごとにも発表されています。特にドイツは地域の経済的リーダーともいえる存在なので、その数値に相場が大きく影響されることもあります。発表のタイミングは毎月末。時間帯は、日本時間の18時、冬時間の場合は19時になります。

・雇用から景気を判断する「ユーロ圏失業率」
雇用は景気に大きく左右されます。そこで失業率は、経済状況を判断するのに重要な指標となるわけです。毎月上旬に、EU統計局(ユーロスタット)からユーロ圏全体の失業率が発表されます。1995年から統計が開始されたものですが、ユーロ圏は基本的に失業率の高い地域で、特に2013年の6月には12.2%という過去最低の数値を記録しました。ユーロ圏の国ごとにもそれぞれの失業率が発表されていますが、ギリシャは若年層の3分の2が職についていないなど、深刻な数字となっています。

ユーロに大きな影響を与える2つの国!ユーロ/円で勝つにはその動向もかならずチェックしておこう!

・世界の基準通貨となる米ドル
米ドルは為替市場でもっとも流通量の多い通貨です。そのため、世界中の通貨に対して大きな影響力を持っています。のちほど説明しますが、特にドル、ユーロ、円はたがいに深く関係しているので、その全体の動きをしっかり把握していかなければいけません。

・ユーロ圏の経済的リーダーはドイツ!
2013年には、ユーロ圏は過去最低の失業率を記録しました。ギリシャ問題を始めとして、この地域の国はどこも景気が伸び悩んでいます。しかし、その中でもドイツだけは例外で、貿易収支、経常収支、ともに大きく黒字を出してユーロ圏をリードしています。そのため、ドイツの経済指標はユーロ全体の経済指標よりも影響力が上回るとされ、ユーロで取引を行うさいにはかならず欠かすことのできないチェック事項となっています。

そのおもな経済指標には、GDP、失業率、貿易収支などが挙げられます。

ユーロ圏に影響を与える経済指標発表の3つのタイミング

・発表のタイミングは同時にチャンスのタイミング!
ユーロというのは複数の国で用いられているので、さまざまな経済指標に影響を受けやすくなっている通貨でもあります。しかしそれは投資面から考えれば、利益を上げるチャンスがそれだけ多く潜んでいるということでもあるのです。

攻略には60セカンズを用いましょう。これまでに紹介した経済指標に加え、さらにアメリカと日本の経済指標が重要なチェックポイントとなります。日本は朝8時ごろ、ユーロは18時ごろ、アメリカは21時半、この3つのタイミングが攻略のチャンスとなるわけです。

ユーロの性質をよく知っておけば攻略しやすくなる!

・米ドルの避難通貨としてのユーロ
ユーロが為替市場で取引されるようになったのは、1999年からです。それ以来、流通量を着実に増やしていき、現在ではドルに次ぐ取引量となりました。円と合わせて世界三大通貨のひとつとなり、かつては外貨準備に保有するといえばまず米ドルだったのですが、最近ではユーロを選択する国も増えています。

また、三大通貨の中では金利が高いので、ドルに不利な状況が訪れると避難通貨として買われることが多くなっています。つまり、基本的にドル売りになればその分だけユーロが買われることになり、ユーロ高が進むわけです。

・米ドルとユーロと円の関係を表す計算式
ここで先ほど述べた、ドルと円、そしてユーロの関係について説明します。これらの相関性は、次のような計算式で表すことができます。

ユーロ/ドル×ドル/円=ユーロ/円

3つの通貨は、つねにこのような形でそれぞれ影響しあっているのです。

では、分かりやすく具体的な例を見てみましょう。
まず、ユーロ/ドル=1ドル、ドル/円=100円、ユーロ/円=100円のケースを考えてみます。この状態から、アメリカが為替市場に円買いで介入し、ドル/円が90円まで進みました。ユーロ/ドルには介入していないのでそのまま1ドルだとすると、ユーロ/円はどうなるでしょうか。

先ほどの計算式に当てはめてみましょう。 ユーロ/ドル(1ドル)×ドル/円(90円)=ユーロ/円なので、つまりユーロ/円は90円となるわけです。このように、ドル/円への介入がそのままユーロ/円の動きに間接的につながってしまうわけです。細かい計算まではともかく、こういった関係性を頭の片隅に入れておくだけでも、為替の大きな動きをつかみやすくなります。もちろん、それは勝率を上げることにもつながります。為替投資において、この計算式はとても大きな武器となるでしょう。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>