なぜか試してみたくなるエンベロープを使った逆張り投資

・エンベロープについて

エンベロープはボリンジャーバンドと見た目も使い方もよく似たテクニカル指標です。移動平行線を使い移動平行線から上下に一定の値を乖離させたエンベロープと呼ばれる補助線を使って現在の相場の移動平行線に対する乖離具合を確認します。一般的には通常相場ではエンベロープに触れると反転しますが、トレンドが強いとエンベロープにそって移動をします。

・エンベロープとボリンジャーバンドの違い

エンベロープとボリンジャーバンドは移動平均線を使って乖離の程度を反映させるという面ではよく似ていますが、ボリンジャーバンドは相場の変動の大きさに合わせて離れたり近づいたりと乖離幅が変動するのに対して、エンベロープは相場の変動がどれほど動いても乖離幅が変動することはありません。平均値に対して一定幅にひかれたエンベローブは等間隔で推移します。

バイナリーオプションに対するエンベロープの使い方

一般的な使い方はエンベロープの通常相場での特性を活かした方法です。すなわち移動平均線から乖離した相場はエンベロープに触れると反転して移動平行線に向かうため、上昇相場にしろ下降相場にしろ、反転ポイントを見極めることができるのです。

・ローソク足でポイントを確認

エンベロープはローソク足と併用して使いますが、ローソク足が上側のエンベロープに接近するか触れると買われ過ぎ、ローソク足が下側のエンベロープに接近するか触れると売られ過ぎとなり、相場は反転する可能性が高いと判断します。

・購入のタイミングのサイン

バイナリーオプションにエンベロープを利用するときは逆張りでトレンドの反転のタイミングを待ちます。

乖離率の設定は任意でできますが、ローソク足の15分足で90%程度がエンベロープの中に収まるように設定します。
偏差で設定できるタイプでは偏差0.34程度に設定すれば大丈夫です。

下降トレンドの場合、ローソク足の下ひげがエンベロープの下側ラインを越えたタイミングで購入します。反対に上昇トレンドの場合はローソク足の上ひげがエンベロープの上側ラインを越えたタイミングで購入します。タイミングを図って下降トレンドではなるべく安いタイミングで上昇ポイントでは高いタイミングで購入するようにすれば、安全率もそれだけ高くなります。

しかし、予想に反してトレンドが反転しない場合、少し時間を置いて再度チケットを購入するようにします。再購入は多くても3回が限度です。それ以上の購入は損失を大きくする可能性がありお勧めできません。時間は20分~30分間を置きますが、それまでに1回目の購入価格まで相場が戻ってくれば再購入の必要はありません。

エンベロープの精度を上げるための方策

先ほどはエンベロープの設定をローソク足の15分足で説明しましたが、ローソク足を1時間足にすれば精度が上がり確実性は増すことになります。ローソク足を1時間足に長くすることで15分足の時に起こった細かい動きは吸収され、より実態に近い動きになる為です。

但し、いいことばかりではありません。チケット購入のタイミングはローソク足のひげがエンベロープを超えた時点でしたが、ローソク足を長くするとそのタイミングの回数も減ってしまう為取引回数も少なくなることになります。

エンベロープを使う時の注意点

・エンベロープの設定
一番大事なことはエンベロープの設定です。ローソク足を選べば、選んだローソク足の90%がエンベロープ内に収まるように設定します。

ローソク足とエンベロープの設定が上手くゆけば、あとは簡単です。エンベロープの上のラインか下のラインを越えるタイミングを待ってチケットを購入すればいいのです。

ここまでくればエンベロープを自由に使うことができます。相場に合わせて他のテクニカル指標と併用することで、より精度の高い取引を手に入れることができるようになります。

・業者に関して

エンベロープで取引を行う場合は、買い増しのことを考えて取引時間にも気を使った方がいいでしょう。
買い増しをする状況になれば20分~30分の時間を置く必要がありますが、その為には取引時間が長く、自分で時間設定のできるタイプを提供している業者さんを選ばなければいけません。

そんな条件に当てはまるのがトレードラッシュのオプションビルダーです。
自分で設定できる終了時間も45分~180分以内と幅があり、エンベロープによく合った取引です。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>