EMAとボリンジャーバンドの組み合わせはFX同様バイナリーオプションにも有効か

FXでは強力な武器となるEMAとボインジャーバンド

・EMAについて

テクニカル分析では移動平行線は一般的な指標ですがEMAもこの移動平行線の変形です。日本では指数平滑移動平行線と呼ばれ過去の数値を単純に平均する移動平均線に比べ直近の数値を重要視して係数を加味した平均値を出したものす。尚、単純に平均する移動平行線はEMAに対してSMA(単純移動平均線)と呼びます。

SMAではなくEMAが必要な訳とは

バイナリーオプションの本質が要求するEMAのテクニカル

バイナリーオプションの本質は超短期型相場投資です。短ければ60秒、長くても数10分の内に取引は終わってしまいます。そのためバイナリーオプションで勝つためには短期間での相場予想が必要になり、直近の相場を掴むことが最重要課題となります。
SMA(単純移動平均線)のテクニカル指標でも現在の相場を予測することはできますが、直近のトレンドが過去の相場の中に平均値として取り込まれてしまう恐れがあり、直近のトレンドを反映しにくい欠点があります。短時間でのトレンドが要求されるバイナリーオプションでは長時間のトレンドを使うことには無理があり、結果もよくありません。EMAは指数平滑移動平均線と呼ばれ直近のトレンドを重要視して数値の中に取り込んでいます。

この直近を重要視したテクニカル指標が、短期決戦型相場投資のバイナリーオプションには有効で、バイナリーオプションに必要な直感力ともいえる判断力を支える大きな武器となるテクニカル指標といえます。

バイナリーオプション購入のタイミングとは

・タイミングは反転の後の順張り

具体的に画面を見ながら説明します。

画面では短期と長期のEMAとボリンジャーバンドを使っています。短期EMAは20日、長期EMAは100日です。画面では17時30分を過ぎた時点でデッドクロスが発生しています。ボリンジャーバンドの+2σをローソク足の陰線の上ヒゲが突き抜け、短期EMA(20)が長期EMA(100)を上から下に突き抜けているのが分かります。

ボリンジャーバンドから分かることは買われ過ぎで、短期EMAと長期EMAのデッドクロスは上昇トレンドが終わり加工トレンドが始まったことを教えてくれます。簡単にいえば買われ過ぎたからそろそろ売りが始まったよということになります。

このように2つのテクニカル指標が教えてくれた購入のタイミングを見て、バイナリーオプションンを購入するときは下降トレンドが発生とみて順張り予想で参入します。

少しでも確率を上げられるよう、タイミングを押さえた購入を

何の根拠も持たずに投資をすることはギャンブルと同じで勝つ確率は50%しかありません。勝つか負けるか運任せの投資では時間の無駄で、精神的にもよくありません。

FXにしろバイナリーオプションにしろ、勝率を上げるためには色々なデータを使った市場分析や、色々なテクニカル指標を使った分析に基づいた購入ポイントを見つけなければいけません。投資スタイルに合ったテクニカル分析で購入すれば精神的な負担もなく勝率も上げることができます。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>