スーパーボリンジャーで勝負のタイミングを探ろう!

スーパーボリンジャーとは?

スーパーボリンジャーは、「マーフィー」のニックネームで知られる元FXディーラーの柾木利彦氏が考案したテクニカル指標です。ボリンジャーバンドと一目均衡表の遅行スパンを重ねて表示させたシンプルなインディケーターで、両者の特徴をうまく組み合わせることでより高度なトレンド分析を可能としています。

その性能の高さは多くのオンライントレーダーの間で話題に上がっており、プロの投資家も絶賛するほどです。最近ではDMMFXやヒロセ通商など多くの業者がチャートツールに標準搭載しており、口座を開設するだけで無料で利用することが出来ます。海外バイナリーオプションを攻略する際にも重宝すること間違いなしです。
 

 

スーパーボリンジャーの見方

インディケーターの一覧から「スーパーボリンジャー」を選択すると、チャート上に複数の線が表示されます。移動平均線を囲むように表示される6本の線は、それぞれボリンジャーバンドにおける±1σ、±2σ、±3σのラインを表しています。さらに、一目均衡表の遅行スパンにあたる補助線も表示されています。

ボリンジャーバンドのセンターラインが右肩上がりの時、相場は上昇トレンド、右肩下がりの時、相場は下落トレンドにあると判断されます。バンドの幅の拡大傾向によってトレンドの持続性を見極めることもできます。

ローソク足の終値が±3σのラインを越えると、トレンド反転の可能性が高まります。また、ローソク足の下にあった遅行スパンが上抜いた時(陽転)を上昇トレンドの始まり、ローソク足の上にあった遅行スパンが下抜いた時(陰転)を下落トレンドの始まりと判断することもできます。
複数のチャートを同時に参照することで、売買のタイミングを的確に見極めることのできるメリットがあります。
 

 

スーパーボリンジャーをバイナリーオプション攻略に応用するためには

バイナリーオプションはFXと違って短期勝負の世界です。短期の値動きはランダム性が強く、正確に予測するのは非常に困難です。したがってがむしゃらに売買シグナルに飛びつくのではなく、エントリーできる局面なのかどうかをじっくり見極めることが大切です。

スーパーボリンジャーを活用すると、ボリンジャーバンドと一目均衡表を組み合わせた高度なトレンド分析が可能となります。相場のトレンド反転のタイミングを慎重に伺いながら、強気で勝負に行ける頃合いを待ちましょう。

スーパーボリンジャーの注意点

スーパーボリンジャーは、トレンド反転のタイミングを見極める際に大変重宝します。しかし、反転したトレンドがどのくらい持続するかまで正確に予測できるほど万能でもありません。特に、ボリンジャーバンドのセンターライン付近で突然反発の値動きを示すのはよくあることです。バンド幅が狭い局面では細心の注意が必要です。

エントリー後も、トレンドが短時間に再反転しないかどうか慎重に観察を続けた方が良いでしょう。

スーパーボリンジャーを使う際はチャートパターンを観察すべし!

・スーパーボリンジャーに頻出するチャートパターン

ボリンジャーバンドと一目均衡表を組みあわせた「スーパーボリンジャー」は、相場の分析にこのうえなく重宝するテクニカル指標です。スーパーボリンジャーを使うと、トレンドを的確に見極めることができます。

スーパーボリンジャーを実践投入した際に、しばしば見かけるチャートパターンがいくつか存在します。これらのパターンをしっかり頭に入れておけば、一目見ただけで将来の値動きをイメージできるようになることでしょう。特に重要なパターンをご紹介しましょう。
 

 

各パターンの傾向と対策

一つ目のパターンは、「スクイーズ」です。スーパーボリンジャーのバンド内を横ばいで推移している状態です。そしてもう一つのパターンは、「エクスパンション」です。レートの変動に合わせて、バンドの値幅が大きく広がっていきます。

バンドの動きに注目すると、他にもいくつかのパターンが存在します。トレンドに引っ張られるようにして上下のバンドが一方向に伸びていくパターン、トレンドの逆方向のバンドが反転するパターン、値動きが少ないのにバンド幅だけが異様に拡大していくパターンなどがよく知られています。

実戦では、これらのパターンがどのように組み合わさっているかを分析することで値動きを予想していきます。例えばスクイーズからエクスパンションの状態に移行したときは、明確な上昇・下落トレンドが出ている証拠です。調整売り・調整買いのタイミングを伺いながら、順張りで勝負することができます。

また、上昇トレンドの時は下側のバンドの、下落トレンドの時は上側のバンドのエクスパンションが反転するタイミングをチェックすることで、利益確定の頃合を見極めることもできます。

ローソク足がバンドから外れたタイミングで逆張りするのも一つの手ですが、予想以上の高騰・暴落が続いて読みを外してしまうことも少なくありません。各々のパターンを知ることで、より高度な取引が可能となります。

スーパーボリンジャーをバイナリーオプションに活用する際の注意点

スーパーボリンジャーと通常のボリンジャーバンドとの大きな違いは、「遅行スパン」が表示されている点にあります。ボリンジャーバンドは値動きを統計学的に分析したテクニカル指標であり、単体で正確にトレンドを見極めるのは困難です。常に遅行スパンの動きを見ながら、トレンドの変化に注意する癖をつけましょう。

基本的に、遅行スパンのラインがローソク足の上にあるときは買い注文が優勢、反対に遅行スパンのラインがローソク足の下にある時は売り注文が優勢の状態です。そして遅行スパンがローソク足を上抜いたときが上昇トレンドの、遅行スパンがローソク足を下抜いたときが下落トレンドの始まりとみなすことができます。

遅行スパンとバンドのパターンを比較すれば、エントリーのタイミングを探る上で非常に重宝します。なお、バンド幅が極端に狭くて予想の難しいときは、一旦相場から離れた方が無難です。「見」も重要なテクニックだということを意識しましょう。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*