酒田五法でローソク足のエントリーシグナルを確認すべし!

酒田五法とは?

酒田五法(さかたごほう)は、江戸時代に本間宗久という人物によって考案されたテクニカル分析手法の一つです。本間宗久氏は米の先物相場にて、ローソク足を活用した分析術により圧倒的な勝率を誇っていました。その手法が酒田五法です。

今から200年以上も前に編み出された古典的な技法ですが、現代の取引にも通用するほど優れた性能を有しており、FXや株式取引の際に活用しているトレーダーが少なくありません。もちろんバイナリーオプションに応用することも可能です。

非常に奥の深い知識体系なのでマスターするには時間がかかりますが、5つの基本パターンを覚えておけば十分に相場予測に応用することが出来ます。各々を順番にご紹介しましょう。
 

 

酒田五法のパターン

一つ目のパターンは、「三山(さんざん)」です。上昇相場の時に三つの山がほぼ同じ価格で上げ止まったら、そこが天井。後は下落トレンドに移行するという法則です。現代では「トリプルトップ」とも呼ばれるチャートパターンとして有名です。

二つ目のパターンは、「三川(さんせん)」です。下落相場の時に三つの谷がほぼ同じ価格で下げ止まったら、そこが底値。後は上昇トレンドに移行するという法則です。現代では「トリプルボトム」とも呼ばれるチャートパターンとして有名です。

三つ目のパターンは、「三空(さんくう)」です。相場が三回連続マド(ローソク足とローソク足の間にできる空洞)をあけて著しく上昇・下落した場合、もうじきトレンドが反転するという法則です。上昇トレンドの場合を「三空踏み上げ」、下落トレンドの場合を「三空叩き込み」と呼びます。

四つ目のパターンは、「三兵(さんぺい)」です。三回連続で陽線が出ることを「赤三兵」、三回連続で陰線が出ることを「黒三兵」と呼びます。底値圏の赤三兵は上昇トレンドのシグナルであり、買いのタイミングです。天井圏の黒三兵は下落トレンドのシグナルであり、売りのタイミングです。

五つ目のパターンは、「三法(さんぽう)」です。短期間に複数の陽線と陰線が入り混じっている場合、相場が停滞の状態にあります。大陽線や大陰線が出てトレンドが明確になるまでじっくり待った方がいいという法則です。

酒田五法をバイナリーオプションに活用する際の注意点

酒田五法はローソク足のチャート分析なので、どのバイナリーオプション業者のチャートツールでも実践できるメリットがあります。パターンの内容も比較的覚えやすく、すぐに実践に応用できることでしょう。トレンド転換のタイミングが分かれば、逆張りでハイ・ローの勝率を高めることが出来ます。

ただし、ローソク足の見極めには注意が必要です。たとえば三兵の場合、三つ目のローソク足のヒゲの長さ次第ではトレンドが予想と反対方向に動く可能性があります。酒田五法を正確に活用するためには訓練が不可欠です。まずはデモトレードで十分に練習してから本番に臨むようにしたいものです。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*