コマ・カラカサが出たらトレンド転換のサイン!

コマ・カラカサとは?

「コマ」と「カラカサ」は、ローソク足の形状を表す用語の一種です。
コマは、上下にヒゲを伴うローソク足のことです。胴体の短いものは「極線」と呼ばれます。見た目がおもちゃのコマにそっくりなので、「コマ」という名前が付けられました。

カラカサは、胴体の下に長いヒゲ(胴体の2~3倍以上)を持つローソク足のことです。終値=高値のカラカサは「下影陽線」、始値=高値のカラカサは「下影陰線」と呼ばれます。見た目が唐傘(からかさ)にそっくりなので、「カラカサ」という風流な名前が付けられました。
 

 

コマ・カラカサの持つ意味

コマは、レートの変動こそあっても始値と終値がほぼ同じであり、最終的な値動きがほとんどなかったことを示しています。それはすなわち、市場の動向を探る手がかりに乏しく、トレーダーが非常に迷っている状態を表しています。

実際、相場が膠着状態にある時に出現しやすく、市場がどちらの方向に進むか分かりません。運任せで手を出すと大怪我をする恐れがあります。

しかし、底値圏や高値圏にコマが出現した場合、売り尽くし、買い尽くしを表しており、相場のトレンドが転換する前兆現象と見なせます。
一方カラカサは、一度大量の売りによって値を下げた後に買い注文が殺到して再上昇していることを示しています。底値圏に出現すれば上昇トレンドに向かう可能性が高く、コマと同様トレンド転換のシグナルと見なせます。
 

 

コマ・カラカサをバイナリーオプション攻略に活用するためには

短期勝負のバイナリーオプションで勝率をあげるには、相場のトレンドを正確に見極めるスキルが不可欠です。トレンドに追随する順張りよりリバウンドを狙う逆張りの方がバイナリーオプション向きであり、コマ・カラカサの有無を調べる分析手法はトレンド反転のタイミングチェックに大変役立ちます。

底値圏や高値圏でコマ・カラカサが連続して表示されたら、下落→上昇、あるいは上昇→下落にトレンドが移り変わる可能性が高いです。High、Lowのエントリーチャンスとして有効活用しましょう。

コマ・カラカサ予測法の注意点

コマもカラカサも相場のトレンド転換点を探るうえで非常に重宝する指標です。しかし混同しやすいため、予測方法を正確に頭に入れておく必要があります。

たとえばカラカサ(下影陽線)一つにしても、底値圏に出現する場合と高値圏で出現する場合では大きく意味が異なってきます。高値圏のカラカサは買い注文の停滞であり、急激に下落に転じる可能性があります。上昇トレンドの始まりだと早合点して飛びつき、高値を掴まされて後悔するトレーダーが多いため、「首つり線」という不吉な異名で呼ばれることもあるのです。

それに、ローソク足の分析手法はテクニカル分析の基本中の基本です。コマやカラカサのシグナルだけ見て勝てるほどバイナリーオプションは単純ではありません。あくまでトレンド転換の目安として参照するようにしましょう。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*