チャートパターンを暗記して分析に活用せよ

酒田五法でローソク足のエントリーシグナルを確認すべし!

honma

酒田五法とは?

酒田五法(さかたごほう)は、江戸時代に本間宗久という人物によって考案されたテクニカル分析手法の一つです。本間宗久氏は米の先物相場にて、ローソク足を活用した分析術により圧倒的な勝率を誇っていました。その手法が酒田五法です。

今から200年以上も前に編み出された古典的な技法ですが、現代の取引にも通用するほど優れた性能を有しており、FXや株式取引の際に活用しているトレーダーが少なくありません。もちろんバイナリーオプションに応用することも可能です。

非常に奥の深い知識体系なのでマスターするには時間がかかりますが、5つの基本パターンを覚えておけば十分に相場予測に応用することが出来ます。各々を順番にご紹介しましょう。 続きを読む

0

トリプルボトム・トリプルトップはトレンド反転のシグナル!

Triple_top

トリプルボトム・トリプルトップとは?

トリプルトップとトリプルボトムは、相場の天井・底値圏に出現するチャートパターンの一種です。ほぼ同じくらいの高さの三つの「山」と二つの「谷」で構成されているのがトリプルトップ。トリプルボトムは、その反対の形状を示しています。
二つの山を持つフォーメーションが「ダブルトップ」と呼ばれるように、三つの山を持つので「トリプルトップ」という名前が付けられました。 続きを読む

0

三角保ち合いに警戒を!!~エネルギー蓄積量が多いほどその後の噴き上がりに注意

triangle

三角保ち合いとは?

三角保ち合い(さんかくもちあい)は、相場が膠着状態に入った時にしばしば出現するチャートパターンです。上下に変動する値動きの高値を結んだラインと安値を結んだラインが三角形を描くため、三角保ち合いと呼ばれています。

一口に三角保ち合いと言っても、いくつかの種類があります。一つ目のパターンは、安値のラインがほぼ水平で高値のラインが右肩下がりの三角保ち合い。二つ目のパターンはその逆で、高値のラインがほぼ水平で安値のラインが右肩上がりの三角保ち合い。三つ目のパターンは、高値のラインが右肩下がりで安値のラインが右肩上がりの三角保ち合い。同じ三角形でも、それぞれのチャートパターンの持つ意味はまったく異なります。 続きを読む

0

ダブルトップ・ダブルボトムは高値・底値のサイン!

Double_top

ダブルトップ・ダブルボトムとは?

ダブルトップは、相場の高値圏にしばしば出現するチャートパターンの一種です。アルファベットの「M」のように二つの「山」と一つの「谷」で構成されています。文字通り二つのトップを備えているため、ダブルトップと呼ばれるようになりました。(別名、毛抜き天井。)
ダブルボトムはその逆です。アルファベットの「W」のようにダブルトップを反転させた形状のチャートパターンで、相場の安値圏に出現します。(別名、毛抜き底。) 続きを読む

0

ヘッド・アンド・ショルダーはトレンド反転を示すチャートパターン!

Head_&_Shoulders

ヘッド・アンド・ショルダーとは?

ヘッド・アンド・ショルダー(Head & Shoulders)は、非常に特徴的な値動きを示すチャートパターンの一種です。三つの「山」と二つの「谷」で構成されており、真ん中の山が一番高い値を付けています。この形状がちょうど人間の頭と両肩のように見えるため、ヘッド・アンド・ショルダーという名前が付けられました。

上げ相場に現れるヘッド・アンド・ショルダーを「ヘッド・アンド・ショルダー・トップ」、下げ相場に現れるヘッド・アンド・ショルダーを「ヘッド・アンド・ショルダー・ボトム」と呼びます。また、三体の菩薩像が並んでいる光景に見立てて、それぞれ「三尊」、「逆三尊」と日本語で呼ばれることもあります。 続きを読む

0

コマ・カラカサが出たらトレンド転換のサイン!

Upper_mustache_Lower_mustache_02

コマ・カラカサとは?

「コマ」と「カラカサ」は、ローソク足の形状を表す用語の一種です。
コマは、上下にヒゲを伴うローソク足のことです。胴体の短いものは「極線」と呼ばれます。見た目がおもちゃのコマにそっくりなので、「コマ」という名前が付けられました。

カラカサは、胴体の下に長いヒゲ(胴体の2~3倍以上)を持つローソク足のことです。終値=高値のカラカサは「下影陽線」、始値=高値のカラカサは「下影陰線」と呼ばれます。見た目が唐傘(からかさ)にそっくりなので、「カラカサ」という風流な名前が付けられました。 続きを読む

0

突然の大陽線・大陰線の出現はトレンド反転の合図!

Large_positive_line_Great_shade_line_02

大陽線・大陰線とは?

ローソク足は、その形状によって様々な名前を付けられています。
他のローソク足と比べて極端に長い陽線を「大陽線」と呼びます。始値=安値、終値=高値であり、一方的に買われ続けてレートが跳ね上がっていることを示しています。

逆に、他のローソク足と比べて極端に長い陰線を「大陰線」と呼びます。始値=高値、終値=安値であり、一方的に売られ続けてレートが暴落していることを示しています。 続きを読む

0

スーパーボリンジャーで勝負のタイミングを探ろう!

SuperBollinger_02

スーパーボリンジャーとは?

スーパーボリンジャーは、「マーフィー」のニックネームで知られる元FXディーラーの柾木利彦氏が考案したテクニカル指標です。ボリンジャーバンドと一目均衡表の遅行スパンを重ねて表示させたシンプルなインディケーターで、両者の特徴をうまく組み合わせることでより高度なトレンド分析を可能としています。

その性能の高さは多くのオンライントレーダーの間で話題に上がっており、プロの投資家も絶賛するほどです。最近ではDMMFXやヒロセ通商など多くの業者がチャートツールに標準搭載しており、口座を開設するだけで無料で利用することが出来ます。海外バイナリーオプションを攻略する際にも重宝すること間違いなしです。 続きを読む

0

パラボリックチャートで相場のトレンドを読もう!

parabolic_02

パラボリックとは?

パラボリックは、アメリカのチャート研究家W・ワイルダー氏によって開発されたテクニカル指標の一種です。日本語で「放物線」という意味で、SAR(Stop And Reverse)と呼ばれるインディケーターをチャート上に描画し、相場のトレンドをチェックすることが出来ます。

FXや株式取引など様々なオンライントレードで活用されている有用なテクニカル指標であり、バイナリーオプション攻略にも大変役に立ちます。非常にメジャーな分析手法なので、大抵のチャートツールに搭載されています。ぜひ使い方を習得しましょう。 続きを読む

0