アメリカの消費者物価指数から「物価」と「相場」の動きを読み解いて、バイナリーオプションで勝つ!

消費者物価指数を見れば物価の動きが簡単に分かる!

・消費者物価指数(CPI=Consumer Price Index)ってどんな数値?

アメリカの都市部において、消費者が購入する商品やサービスがどのような価格で推移しているのか、その平均を出した数値のことです。その商品項目には、食品、衣料、住宅などとさまざまな細かい項目が用意されています。特に食品とエネルギーに関しては変動が大きいため、これを除いたものを「コア指数」と呼び、経済状況をはかる上で重要な数値として扱っています。

物価の動きを読み解き、インフレを判断する上では絶対に欠かせない指標といえるでしょう。

・発表されるのはどんなタイミング?

毎月15日付近を目安に、日本時間の21時30分ごろに米国労働省労働統計局から発表されます。冬時間になると22時30分ごろにずれ込みます。

・生産者物価指数(PPI=Producer Price Index)とはどこが違うの?

こちらは生産者側の立場から、原材料、中間財、最終財といった製造段階別や、品目別、産業別に販売価格がどのように推移しているかを表す物価指数です。こちらも消費者物価指数と同じように、変動の大きい食品とエネルギーを除いた「コア指数」を、インフレを判断する上で重要な数値として扱っています。

発表のタイミングも消費者物価指数と同時で、順番としては先に生産者物価指数が、そのあとに消費者物価指数が発表される形になります。

政府も投資家もみんな気になる物価指数!

政府はインフレにならないようにつねに数値をチェックしている

インフレになると物価が上がります。物価が上がるということは所得も上がるということです。したがって消費は活発になり、基本的には景気はよくなります。ただし需給バランスが崩れて物価だけが上昇してまうと、消費が鈍ってむしろ景気が悪化してしまうこともあります。

そこであまり極端なインフレにならないよう、政府はつねにその動向をチェックしています。そして兆候が見られれば、金利政策によってそれを防ぐようにします。金利を上げることで預金や投資を増やし、流通量を抑えて、相対的にお金の価値を上げて相殺するというわけです。

・投資家は経済状況とそれに対する政府の動きを読む

物価が上昇するということは、基本的には景気がよくなるということです。経済状況がよくなれば国の通貨も買われるので、投資家にとって消費者物価指数とは、それを見きわめる上で非常に重要な経済指標となるわけです。またインフレが過剰になれば、政府はそれに対して金利政策を行う可能性が高くなります。すると投資に資金が大きく流れることになるので、これも長期的な為替相場を見る上で重要なポイントとなるわけです。

・物価指数は相場に大きな影響を与える

消費者物価指数は、雇用統計のようにすぐ相場の分析をできるものではありません。その意味をきちんと捉えるためには、そのときの経済状況をしっかり見きわめておく必要があります。少し難しい面はありますが、金融政策ひとつ取ってみてもその影響は非常に大きいので、絶対にチェックしておくべきでしょう。

では、消費者物価指数は具体的にどのように見ていけばよいのか。ここからは、その簡単な方法と、購入のタイミングについても説明していきます。

消費者物価指数を読み解くセオリーは2パターン!高くてもかならずドルが買われるわけではない?

・上がったらドルを買って、下がったら売ればいいというシンプルな法則

予想したよりも高い数値であればドルが買われ、円安ドル高になります。予想よりも低い数値であればドルが売られ、円高ドル安になります。このあたりは、ほかの経済指標とあまり変わりません。厳密にいうと、これには現在の日米の金利差がほぼない状況もひとつの要因となっているのですが、それ以上に重要なのは、アメリカ経済がその発表のタイミングでインフレになっているかどうか、ということです。

・インフレ傾向の高いコア指数は、短期で逆方向へ動くことも

消費者物価指数の中でも、特に重要なのがコア指数。これが、アメリカ経済がインフレ傾向にあるときに予想より高い数値が出ると、通常とは反対にドルが売られて円高ドル安になる可能性があります。これは、激しいインフレで景気が悪化するのではないかと見られるためです。

では、アメリカ経済がインフレ傾向であるかどうかは、どこで判断すればよいのでしょう。そのためには、FRB(米連邦準備理事会)議長などの経済関係の要人がどのような発言をするか、といった情報を細かく知っておく必要があります。もともと、要人の発表というのは場合によっては経済指標よりも大きな影響を相場に与えるものです。日頃から、しっかりチェックしておくようにしましょう。

細かい分析は必要ない?バイナリーオプションで重要なのは発表のそのタイミング!

・消費者物価指数の発表前に相場の動きを確認する

消費はの前に発表される生産者物価指数から、円安になるか円高になるか、ある程度相場の動きを確認することができます。ただ、これに関してはほとんどの投資家が同じことを考えているので、結果的に売り買いが拮抗してほとんど動かないということも多いです。

特にバイナリーオプションは、ほかの投資とくらべても、「上がるまでポジションを持ち続ける」という方法を取ることができません。したがって、相場がよく読めないときには、購入しないでおくのが無難でしょう。

・超短期投資はとにかく相場の波に乗ればよい

経済指標が発表される前に自分の予想でポジションを保つのであれば、あらかじめ経済状況をよく把握しておかなければいけません。このような方法は、FXなどで大きな利益を上げようと思うさいに用いられます。しかし、バイナリーオプションというのは結局、超短期の取引ですべてが決まってしまうものです。そのような投資の場合、細かい経済指標の分析よりもタイミングを読むことが何より重要になってきます。

とにかく、バイナリーオプションでは予想さえ的中すればこちらの勝ちです。そのためにも、相場が動きやすい経済指標や要人の発表のタイミングに関しては、日頃からしっかりチェックしておくようにしましょう。

・60セカンズでチャンスを逃さない

経済指標が発表されるタイミングでは、わずか数十秒で何十銭も変動するケースも少なくありません。そこを狙い撃ちにできるのは、やはり何といっても60セカンズでしょう。チャートがどちらに振れるかしっかり注目して、動いたら即座にポジションを取れるよう、取引ツールはあらかじめ開いたまま待機しておきましょう。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*