バイナリーオプションの逆張りにはボリンジャーバンドを上手く使おう!

順張りと逆張りの基本について

・順張りと逆張りとはどういう予想?
相場が全体的に上昇傾向にあったり、下落傾向にあったりする状態をトレンドといいます。このトレンドに合わせて、上昇傾向のときには上がる方向で、下落傾向のときには下がる方向で予想することを「順張り」といいます。

その反対に、そろそろこのトレンドが変わりそうだと考えて、上昇傾向のときにあえて下がる方向で予想したり、下落傾向のときに上がる方向で予想することを「逆張り」といいます。
 
・順張りと逆張りはどちらのほうが的中しやすい?
普通に考えれば、トレンドに合わせた順張りのほうが的中しやすいイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、実際にトレードを行った方はよく分かると思いますが、判定時間までにトレンドが反転することはそれほど珍しいことでもないのです。どちらが当たりやすいかということは、一概に言えるものではありません。

ボリンジャーバンドで逆張りのポイントを見つけよう!

 
・そもそもボリンジャーバンドとは?
順張りと逆張り、どちらで予想するかはとても難しい選択になるのですが、判断基準にできる材料のひとつに、ボリンジャーバンドというものがあります。

これは、移動平均線を中心にして、その上下に値動きの幅を示した補助線を組み合わせたものです。この補助線は「σ(シグマ)」といい、移動平均線に近いものから上にあるものを「+σ」、「+2σ」というように、逆に下にあるものを「ーσ」「ー2σ」というように言い表します。これはつまり、統計学的に考えて平均移動線からローソク足が離れる限界点を示したものです。簡単にいえば、「+2σ」にローソク足が触れると反落、その逆に「ー2σ」に触れれば反騰の可能性が高くなるというわけです。

したがって、このポイントが見つかった場合は、逆張りで予想する方が分が良いことになります。
 
・ボリンジャーバンドで逆張りをする手順
具体的にその手順を見ていきましょう。まず、相場が上昇トレンドにあるときに、判定時間まで10分というタイミングでチケットを購入するとします。そこでボリンジャーバンドを参考に、チャートが「+2σ」の反落ポイントに触れたところで、下がる予想でチケットを購入する、というのが逆張りです。

ボリンジャーバンドで逆張りをするにはこの点に気をつけよう!

 ・現時点からどれだけポイントが離れているかが重要
ボリンジャーバンドを利用して逆張りを行うさいには、現時点からポイントまでどれだけの時間が経っているか、というのが重要です。これは、ポイントが現時点に近ければ近いほど、トレンドに変化が起きる可能性が高くなるためです。その反対に、遠ければ遠いほど、切り替わってからふたたびトレンドが反転する可能性も出てくるわけです。したがってポイントが遠いケースでは、判定時間までの長さをよく考慮に入れた上で購入する必要があります。
 
・逆張りの購入で気をつけるのはタイミングと残り時間!
為替相場というものは、長期で表せば表すほど上下の振れ幅は目立たなくなり、逆に短期で表せば表すほどその変動が激しくなります。バイナリーオプションというのは短期取引
なので、逆張りで購入する場合には、そのタイミングと残り時間によって大きく左右されてしまいます。

たとえば30分間のトレードの場合なら、仮に開始5分の時点でボリンジャーバンドにポイントを見つけたとしても、その後の25分間で別のポイントが見つかる可能性が非常に高くなってしまうわけです。そのため、ボリンジャーバンドを利用して逆張りを行うときには、判定時間までが短い、60セカンズなどを海外バイナリーオプションで狙うようにしましょう。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*