勝てる攻略法・取引戦略事例

酒田五法でローソク足のエントリーシグナルを確認すべし!

honma

酒田五法とは?

酒田五法(さかたごほう)は、江戸時代に本間宗久という人物によって考案されたテクニカル分析手法の一つです。本間宗久氏は米の先物相場にて、ローソク足を活用した分析術により圧倒的な勝率を誇っていました。その手法が酒田五法です。

今から200年以上も前に編み出された古典的な技法ですが、現代の取引にも通用するほど優れた性能を有しており、FXや株式取引の際に活用しているトレーダーが少なくありません。もちろんバイナリーオプションに応用することも可能です。

非常に奥の深い知識体系なのでマスターするには時間がかかりますが、5つの基本パターンを覚えておけば十分に相場予測に応用することが出来ます。各々を順番にご紹介しましょう。 続きを読む

0

トリプルボトム・トリプルトップはトレンド反転のシグナル!

Triple_top

トリプルボトム・トリプルトップとは?

トリプルトップとトリプルボトムは、相場の天井・底値圏に出現するチャートパターンの一種です。ほぼ同じくらいの高さの三つの「山」と二つの「谷」で構成されているのがトリプルトップ。トリプルボトムは、その反対の形状を示しています。
二つの山を持つフォーメーションが「ダブルトップ」と呼ばれるように、三つの山を持つので「トリプルトップ」という名前が付けられました。 続きを読む

0

三角保ち合いに警戒を!!~エネルギー蓄積量が多いほどその後の噴き上がりに注意

triangle

三角保ち合いとは?

三角保ち合い(さんかくもちあい)は、相場が膠着状態に入った時にしばしば出現するチャートパターンです。上下に変動する値動きの高値を結んだラインと安値を結んだラインが三角形を描くため、三角保ち合いと呼ばれています。

一口に三角保ち合いと言っても、いくつかの種類があります。一つ目のパターンは、安値のラインがほぼ水平で高値のラインが右肩下がりの三角保ち合い。二つ目のパターンはその逆で、高値のラインがほぼ水平で安値のラインが右肩上がりの三角保ち合い。三つ目のパターンは、高値のラインが右肩下がりで安値のラインが右肩上がりの三角保ち合い。同じ三角形でも、それぞれのチャートパターンの持つ意味はまったく異なります。 続きを読む

0

ダブルトップ・ダブルボトムは高値・底値のサイン!

Double_top

ダブルトップ・ダブルボトムとは?

ダブルトップは、相場の高値圏にしばしば出現するチャートパターンの一種です。アルファベットの「M」のように二つの「山」と一つの「谷」で構成されています。文字通り二つのトップを備えているため、ダブルトップと呼ばれるようになりました。(別名、毛抜き天井。)
ダブルボトムはその逆です。アルファベットの「W」のようにダブルトップを反転させた形状のチャートパターンで、相場の安値圏に出現します。(別名、毛抜き底。) 続きを読む

0

ヘッド・アンド・ショルダーはトレンド反転を示すチャートパターン!

Head_&_Shoulders

ヘッド・アンド・ショルダーとは?

ヘッド・アンド・ショルダー(Head & Shoulders)は、非常に特徴的な値動きを示すチャートパターンの一種です。三つの「山」と二つの「谷」で構成されており、真ん中の山が一番高い値を付けています。この形状がちょうど人間の頭と両肩のように見えるため、ヘッド・アンド・ショルダーという名前が付けられました。

上げ相場に現れるヘッド・アンド・ショルダーを「ヘッド・アンド・ショルダー・トップ」、下げ相場に現れるヘッド・アンド・ショルダーを「ヘッド・アンド・ショルダー・ボトム」と呼びます。また、三体の菩薩像が並んでいる光景に見立てて、それぞれ「三尊」、「逆三尊」と日本語で呼ばれることもあります。 続きを読む

0

コマ・カラカサが出たらトレンド転換のサイン!

Upper_mustache_Lower_mustache_02

コマ・カラカサとは?

「コマ」と「カラカサ」は、ローソク足の形状を表す用語の一種です。
コマは、上下にヒゲを伴うローソク足のことです。胴体の短いものは「極線」と呼ばれます。見た目がおもちゃのコマにそっくりなので、「コマ」という名前が付けられました。

カラカサは、胴体の下に長いヒゲ(胴体の2~3倍以上)を持つローソク足のことです。終値=高値のカラカサは「下影陽線」、始値=高値のカラカサは「下影陰線」と呼ばれます。見た目が唐傘(からかさ)にそっくりなので、「カラカサ」という風流な名前が付けられました。 続きを読む

0

突然の大陽線・大陰線の出現はトレンド反転の合図!

Large_positive_line_Great_shade_line_02

大陽線・大陰線とは?

ローソク足は、その形状によって様々な名前を付けられています。
他のローソク足と比べて極端に長い陽線を「大陽線」と呼びます。始値=安値、終値=高値であり、一方的に買われ続けてレートが跳ね上がっていることを示しています。

逆に、他のローソク足と比べて極端に長い陰線を「大陰線」と呼びます。始値=高値、終値=安値であり、一方的に売られ続けてレートが暴落していることを示しています。 続きを読む

0

スーパーボリンジャーで勝負のタイミングを探ろう!

SuperBollinger_02

スーパーボリンジャーとは?

スーパーボリンジャーは、「マーフィー」のニックネームで知られる元FXディーラーの柾木利彦氏が考案したテクニカル指標です。ボリンジャーバンドと一目均衡表の遅行スパンを重ねて表示させたシンプルなインディケーターで、両者の特徴をうまく組み合わせることでより高度なトレンド分析を可能としています。

その性能の高さは多くのオンライントレーダーの間で話題に上がっており、プロの投資家も絶賛するほどです。最近ではDMMFXやヒロセ通商など多くの業者がチャートツールに標準搭載しており、口座を開設するだけで無料で利用することが出来ます。海外バイナリーオプションを攻略する際にも重宝すること間違いなしです。 続きを読む

0

パラボリックチャートで相場のトレンドを読もう!

parabolic_02

パラボリックとは?

パラボリックは、アメリカのチャート研究家W・ワイルダー氏によって開発されたテクニカル指標の一種です。日本語で「放物線」という意味で、SAR(Stop And Reverse)と呼ばれるインディケーターをチャート上に描画し、相場のトレンドをチェックすることが出来ます。

FXや株式取引など様々なオンライントレードで活用されている有用なテクニカル指標であり、バイナリーオプション攻略にも大変役に立ちます。非常にメジャーな分析手法なので、大抵のチャートツールに搭載されています。ぜひ使い方を習得しましょう。 続きを読む

0

アメリカの消費者物価指数から「物価」と「相場」の動きを読み解いて、バイナリーオプションで勝つ!

消費者物価指数を見れば物価の動きが簡単に分かる!

・消費者物価指数(CPI=Consumer Price Index)ってどんな数値?

アメリカの都市部において、消費者が購入する商品やサービスがどのような価格で推移しているのか、その平均を出した数値のことです。その商品項目には、食品、衣料、住宅などとさまざまな細かい項目が用意されています。特に食品とエネルギーに関しては変動が大きいため、これを除いたものを「コア指数」と呼び、経済状況をはかる上で重要な数値として扱っています。 続きを読む

0

ユーロ圏通貨をファンダメンタルズ分析で攻略するには

ユーロ圏の経済指標にはどんなものがある?絶対に押さえておくのはこれ!

・もっとも基本となる「ユーロ圏GDP」
ユーロ圏全体のGDPを示す指標です。ユーロの国すべてを含むので、その規模は世界で最大となります。発表されるのは、3月から三ヶ月おきに、6月、9月、12月の中旬ごろ。時間帯は、日本時間で19時ごろとなっています。アメリカの四半期GDPと同じように、改定値と確報値もそれぞれ翌月と翌々月に発表となります。経済状況を把握する上では、もっとも基本的な指標です。 続きを読む

0

ストキャスティクスの有効利用の方法とは

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスはアメリカのチャート分析家ジョージ・レーン(George Lane)によって1950年代に考えられたオシレータ系テクニカル分析です。
価格の変動幅を基に相場の売られ過ぎ、買われ過ぎを表しポジショニングのタイミングを知らせてくれます。
以前紹介したRSIは価格上昇幅から買われ過ぎ、売られ過ぎのシグナルを発信してくれるオシレータ系テクニカル分析で、今回のストキャスティクスとはよく似た面もある指標でしたが使い方は少し違います。ここではストキャスティクスの使い方を中心にRSIとの相違点なども分かりやすく説明します。⇒RSIに関してはこちら 続きを読む

0

1億稼ぐ投資家たちも使う一目均衡表でバイナリーオプション攻める!

世界中の投資家たちから熱い支持!“一目均衡表”とは?

・一目均衡表とは…
一目均衡表とは,世界中の投資家たちに人気のあるテクニカル分析のひとつで,“時間”に注目して分析を行うのが特徴です。
チャートの中の5本の線から,「相場のトレンド」,「下げ止まり(いつ頃上がるか)」,「上げ止まり(いつ頃下がるか)」などの流れを一目で推測することができます。
一目均衡表は,細田悟一という日本人の株式評論家が中心となって,長い年月をかけて1936年に開発されました。ちなみに,一目均衡表という名前は,細田氏のペンネーム「一目山人(いちもくさんじん)」が由来だそうです。

・一目均衡表の5本線を知る

続きを読む

0

トレンド系テクニカル指標 HLバンドを知る

そもそも“HLバンド”とは,何なのか?

 
・HLバンドとは…
HLバンドとは,市場の取引価格の数値の変化を確認する指標のことです。過去のある期間内の高値/安値同士をそれぞれ線で結び,チャート上に表示した2本のラインと,その中間線を加えた3本のラインで表します。別名「ハイローバンド」とも言われています。
高値同士を結んだ線を「H(=high)バンド」,安値同士を結んだ線を「L(=low)バンド」とそれぞれ呼びます。ちなみに,中間線を「M(=middle)バンド」と呼ぶこともあります。

・3本のラインが意味するものとは? 続きを読む

0

なぜか試してみたくなるエンベロープを使った逆張り投資

・エンベロープについて

エンベロープはボリンジャーバンドと見た目も使い方もよく似たテクニカル指標です。移動平行線を使い移動平行線から上下に一定の値を乖離させたエンベロープと呼ばれる補助線を使って現在の相場の移動平行線に対する乖離具合を確認します。一般的には通常相場ではエンベロープに触れると反転しますが、トレンドが強いとエンベロープにそって移動をします。 続きを読む

0

EMAとボリンジャーバンドの組み合わせはFX同様バイナリーオプションにも有効か

FXでは強力な武器となるEMAとボインジャーバンド

・EMAについて

テクニカル分析では移動平行線は一般的な指標ですがEMAもこの移動平行線の変形です。日本では指数平滑移動平行線と呼ばれ過去の数値を単純に平均する移動平均線に比べ直近の数値を重要視して係数を加味した平均値を出したものす。尚、単純に平均する移動平行線はEMAに対してSMA(単純移動平均線)と呼びます。

SMAではなくEMAが必要な訳とは

続きを読む

0

バイナリーオプションの順張りに有効なMACD

MACDのトレンドは相場と共に動く2本の線の位置と交わりで読むことができます。

チャートにはそれぞれ特徴があり、順張りのときに有効なものと逆張りのときに力を発揮するものがあります。逆張りのときに有効なチャートがボリンジャーバンドで、順張りのときに力を発揮するチャートがオシレーター系チャートとして有名なMACD(マックディ)です。

それではMACD(マックディ)って何でしょう。 続きを読む

0

初心者でもできるトレンド攻略法!ローソク足で徹底分析

ローソク足は30分足、5分足チャートを確認して直前のトレンド傾向を抑えよう

株をはじめとする投資の多くは長期的なトレンドを抑えて今後の値動きを予測して投資することが重要です。

バイナリーオプションの場合も大原則として長期的なトレンドを見て理解する必要はあります。しかし、バイナリーオプションの取引では数分後の為替相場との勝負になります。
最短の場合だと60秒、つまり1分後の相場の動きを予想する超短期型の投資方のため長期的なトレンドだけでなく短期的なトレンドを抑える必要があります。 続きを読む

0

バイナリーオプションで迷ったら原点に、基本中の基本ローソク足の月足と週足を使った勝利の図式

ローソク足とは相場にとっては基本のチャートで、長方形のローソクのような形をしています。

ローソク足について簡単に説明

・白抜きのローソクと黒いローソクがあるけど違いは何?
ローソク足で使うローソクには白抜きと黒抜きの長方形があり、それぞれに上下にひげが付いています。ローソク足は一定期間の始値と、終値、最安値と最高値を表していますが、始値に比べて終値が高い場合に白抜きの長方形を使いそれを陽線、始値よりも終値が安いと黒く塗りつぶしそれを陰線と呼んでいます。 続きを読む

0

逆張りに最適!バイナリーオプションでのRSIの「買われすぎ」「売られすぎ」を上手く使って手堅く稼ぐ!

相場の上げ下げに影響を及ばす投資家心理

自分の予想通りの動きをして、上がると思った商品が上がってくれれば投資家としては嬉しいものです。しかし何時までも上がり続ける筈がないと思い始め、もうすぐ下がり始めるのではないかと不安が芽生えます。

同じような心理状態は下げの場面でも同じです。期待に反して下げが続いてもここまで下がればそろそろ上げに転じるのではないかと、希望的な期待が芽生えます。

相場市場の上げ下げの繰り返しは、そうした投資家心理が大きく影響していることは確かです。 続きを読む

0

バイナリーオプションの逆張りにはボリンジャーバンドを上手く使おう!

順張りと逆張りの基本について

・順張りと逆張りとはどういう予想?
相場が全体的に上昇傾向にあったり、下落傾向にあったりする状態をトレンドといいます。このトレンドに合わせて、上昇傾向のときには上がる方向で、下落傾向のときには下がる方向で予想することを「順張り」といいます。

その反対に、そろそろこのトレンドが変わりそうだと考えて、上昇傾向のときにあえて下がる方向で予想したり、下落傾向のときに上がる方向で予想することを「逆張り」といいます。
 
・順張りと逆張りはどちらのほうが的中しやすい?
普通に考えれば、トレンドに合わせた順張りのほうが的中しやすいイメージがあるのではないでしょうか。 続きを読む

0

ゴールデンクロス、トレンドライン、移動平均線でトレンドの転換を狙え!

ゴールデンクロスを見つけるために

・ゴールデンクロスとは?
相場が転換した事を知らせるシグナルのことで、このシグナルが発生すると、相場が下降している下降トレンドから上向きに転じる上昇トレンドへの転換点を示します。ちなみに上昇トレンドから下降トレンドへ転換するときに発生するシグナルをデッドクロスと呼びます。
 
・今のトレンドを判断すること
効果的なゴールデンクロスもデッドクロスもトレンドにならないと発生しませんから、今の相場がトレンドなのか否かを判断しなければなりません。 続きを読む

0

レンジ相場で威力を発揮

バイナリーオプションが、他の金融商品であるFXや株式等と異なる点は、利益の大きさに値幅は全く関係ないということです。裁量トレードでは「利食い」と「損切り」を自分で行わなくてはなりませんが、バイナリーオプションは予想が「当たる」か「外れる」かの二者択一なので値幅を取らなくてもよいのです。 続きを読む

0

リスクヘッジとして利用しよう

元々バイナリーオプションは通貨オプションの一種で、ヘッジ機能としての役割を持っています。ですので基本的にはFXの裁量トレードに対するヘッジとして利用するのがリスク管理の観点から最適と考えられています。下記のようにFXでの取引を一例に出して考えてみましょう。 続きを読む

0