リスク管理も容易!オプションビルダーで保険をかけてみた

TradeRush(トレードラッシュ)のオプションビルダーには、「Profit Control Risk(イン ザ マネー インシュアランス)」という機能が実装されています。

一般的なバイナリーオプションの場合、予想が外れた際には投資金が全額没収されてしまいますが、この機能を活用すれば保証金を取り戻すことが出来ます。

しかもペイアウト率と保証金率の割合はトレーダー自身で調整可能。保険をかけながらのトレードを実践できる強みがあります。

どのくらい役に立つのか、オプションビルダーのProfit Control Riskを試してみました!

トレード

オプションビルダーの取引画面で色々な銘柄をチェックしていると、AMAZONのレートが膠着状態に陥っているのを発見しました。

チャートを見ただけでは、今後上がるのか下がるのかイマイチ判別しづらい状況です。

こんな時こそProfit Control Riskの出番です。予想が外れた時のことを見越して、ペイアウト率を若干下げて保証金率を上げてみることにしました。

今回は55:30の比率にして、PUT(下げ)に1万円賭けてみました。満期時刻のレートが429.0222より下がっていれば55%のペイアウト、上がっていれば30%の保証金が返還される予定です。

収支

取引開始から30分ほど経ってもなかなか明確なトレンドが見えてきません。微妙な上げ下げを繰り返すばかりです。

しかし、16時を過ぎたあたりから徐々に上昇トレンドに乗り始めてきました。ジワジワと右肩上がりに値上がりしていき、16時20分頃にさらにもう一段階レートがアップしました。

そして指定した満期時刻になった時のレートは、431.4400。残念ながら予想は外れてしまいました…。(泣)

本来ならここで投資金は全額没収されますが、30%の保証金を設定していたため、取引終了後に

3000円

が戻ってきました!

丸々1万円の損失と7割のロスでは天と地の差があります。オプションビルダーがリスク管理に非常に重宝することがよく分かりました。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>