【1万円の損失(泣)】値動きの範囲を予測しつつボリンジャーバンドでレンジ取引したら…

ボリンジャーバンドは、標準偏差という数学の手法を用いてレートの値動きの範囲を予測するインディケーターです。

移動平均線をセンターラインに、上下に帯のような囲みラインが描かれています。

レートは高確率でこの範囲内に収束するため、ボリンジャーバンドは将来の値動き予測にこの上なく重宝します。

24オプションに搭載されているチャート機能にもボリンジャーバンドが付属しており、市場分析に役立てることが出来ます。

はたしてボリンジャーバンドでどのくらい稼げるのか、レンジ取引に挑戦してみました!

トレード

まずは取引画面で「レンジ」の項目から「高収率境界」を選択します。

任意の銘柄を選択してプロフェッショナル・チャートを起動し、「Studies」から「Bollinger Bands」をクリック。

いくつかの銘柄をチェックしてみます。「System Manager」でパラメーターを変更することも出来ますが、今回はデフォルトのままにしておきました。

EUR/USDのテクニカルチャートを見ると、上昇トレンドに乗ったレートが高値圏を推移しており、一旦調整売りが入りそうな雰囲気が漂っています。

大幅値下げを期待して、思い切って1万円投資してみました。判定時刻のレートが1.09388~1.09638のレンジから外れてくれれば勝ちです。

収支

取引開始後、予想通りレートは大きく値を下げ始めました。

しかし、1.0942あたりの抵抗ラインが意識されたのか、もっと落ちると思いきや一旦下げ止まってしまいました。しばらく堅調にレンジ内を推移しているうちにタイムアップ。

祈りもむなしく、判定時刻のレートはレンジ内に収まってしまいました。残念ながら、投資金の1万円は没収です。(泣)

ボリンジャーバンドは値動きの範囲を予想する際に強力な武器となるテクニカル指標ですが、やはり完璧に予測できるものではありません。

判定時刻のレートが購入時より上がっているか下がっているかを予想するだけのハイ・ローと違い、最終的なレートが指定された範囲内に収まるか否かを読むのは非常に難しいと改めて思い知らされました。

なお、今回はあえて使いませんでしたが、24オプションは「クローズ機能」という期限前決済サービスにも対応しています。

危険を感じた時は、早々に逃げるのも一つの手です。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>