海外バイナリー業者で儲けた利益に税金はかかるの?

国内のバイナリーオプションよりも多くの取引ができるなどメリットが大きい海外バイナリーオプション。そこで気になるのが税金の問題です。海外バイナリーオプションは条件によって税金を支払う必要があります。

海外バイナリーオプションで税金を支払う必要があるのは「1年間1月1日~12月31日)で20万円以上の利益が出ている場合」になります。

税金の種類は雑所得(総合課税)扱いになり、損失繰り越しは不可能です。また利益によって課税される金額が異なるので、チェックしておきましょう。海外バイナリーオプションでの課税額は次のようになっています。

195万円以下:5%
195万円~330万円以下:10%
330万円~695万円以下:20%
695万円~900万円以下:23%
900万円~1,800万円以下:33%
1,800万円~:40%

海外バイナリーオプションの税金の特徴として給与所得+バイナリーオプションでの所得を合計した金額に税率をかけた金額を支払わなくてはなりません。

例えば、給料+海外バイナリーオプションの金額で500万円の所得があった場合、500万円×20%で100万円の税金を支払う必要があることになります。

確定申告をしなければいけない人

海外バイナリーオプションで20万円以上の利益を得ている場合は確定申告をしなくてはなりません。20万円以下だった場合は確定申告はしなくても大丈夫。FXやバイナリーオプションは先物取引扱いです。国税庁が用意している「先物取引に係る雑所得等の金額の計算書」という書類がありますので、以下のような書き方を参考にしてみてください。
計算書の書き方

確定申告の仕方については税務署の確定申告作成コーナーや、e-Tax(電子申告)を利用しましょう。やり方が良く分からない方は税務署に相談するのが一番良いと思います。

もしも海外バイナリーオプションで20万円以上の利益を得ているにもかかわらず税金を納めなかった場合は滞納分を加えて翌年などに請求されます。結果的によりたくさんのお金を支払う必要が出てくるため忘れずに確定申告をしましょう。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*