国内業者と海外業者の違い

バイナリーオプションの取引を行うに当たって、最低限必要なものがあります。それが、口座です。この時に多くの人を悩ませるのが、国内の業者と海外の業者のどちらを利用するかということです。

では、バイナリーオプションにおける国内と海外の業者を比較してみたいと思います。

◆海外の業者
海外のほうがバイナリーオプションは進んでいます。そのため、バイナリーオプションの取引口座の選択肢としては海外の口座のほうが多くの選択肢があります。また、対象が通貨のみの業者は少ないです。

もちろん当サイトに掲載されている業者は日本からの口座開設も可能なのですが、それ以外の日本で知名度の低い業者は日本語のサポートがされていないところもあります。そのため、ある程度の英語の語学力がないと難しいかもしれません。しかし、銘柄の豊富さに関しては国内のものをはるかに上回っています。

海外業者はこう選ぶ!!国内業者と区別するポイント

「バイナリーオプションを始めてみたい。だけど、検索すると聞きなれない海外業者がいっぱい出てくる…。海外業者って信頼できるの?国内業者とどう違うの?」そう思っている方は以下の表を参考にしてみましょう。海外バイナリーオプション業者の長所と短所がわかると思います。
 
■海外業者のメリット・デメリット一覧表

海外業者・サービス名 ■メリット ■デメリット
Ybinary ・HIGH・LOWタイプのものがあり初心者でも馴染みやすい。

・通貨以外にも株式や株価指数、コモディティを取扱っている(玄人・経験者にもおすすめ)。

取引ツールが最先端で世界標準。使いこなせれば勝率アップのための強力な武器になる。

・60セカンドという最短で60秒後に利益確定するユニークな
オプションも取り扱い。

取引画面が海外仕様でやや使いにくく慣れる必要がある。

最低取引金額が数千円からのサービスが多い。

ハイローオーストラリア
NRGバイナリー
オプションビット
トレードラッシュTradeRush
スマートオプション

 
◆日本の業者
バイナリーオプションは最近になって人気が出てきた投資です。そのため、日本の業者の数も以前はあまりありませんでした。

ですが、国内の業者が少なかったのは以前の話です。最近のブームの影響で、国内の業者の数も増えてきています。選択肢の幅も広がってきました。また、国内の業者のほとんどが外貨を対象としているという特徴もあります。つまり、株式や株価インデックス・金・銀・原油などは国内の業者ではあまり扱われていません。国内の業者はFXの延長線上にあるといっても間違いではありません。

■日本国内業者のメリット・デメリット一覧表

メリット デメリット
50円~1000円程度の少ない手元資金で取引開始可能。

・投資対象はFX(外国為替)の通貨に絞っていて管理しやすい。

・取引画面は日本人向けに最適化しているので操作しやすい。

・殆どの業者がiPhone、Android携帯といったスマホアプリも無料で提供している。

・株式や株価インデックス、コモディティなど外国為替の通貨以外は取引不可。

・レンジやワンタッチを提供している業者が少なく、取引ルールの縛りがきつい。

 
また、国内業者には手数料が0円のところも多くて安心して利用できるのも特徴的です。(詳細はバイナリーオプションの人気ランキングとバイナリー業者比較で詳しくガイドされています。)それだけではなく、50円、100円単位からの取引を行うことも可能です。取引最低価格が非常に小さな額で設定されています。ただ、取引ルールが柔軟ではないため(途中決済できなかったり、判定方法の種類が少ない)、中上級者にとっては利用しているうちに物足りなくなってきます。

そのため国内業者の利用法としては、初心者の方やまずは少額取引でバイナリーオプションに慣れたいという方におすすめです。いきなり大きい額から始めるのではなく、少ない金額からコツコツ稼ぎたいという人に向いています。

サービス力が凄いバイナリーオプション業者


取引するのに最適な管理画面が使いやすい!人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者!


イチオシはここ!世界最大級のバイナリーオプション業者


60秒で約2倍の収益性!?速攻で結果を出したい方におすすめ!!

コメントを残す

*