オプテック(Opteck)

■業界最短の30秒オプションのバイナリーオプション業者
「USドル/円」「ユーロ/ドル」「ユーロ/円」「ユーロ/ポンド」「ポンド/円」の5通貨ペアと外国株の「Google」「Apple」の7銘柄を利用できるオプテック。
オプテック

銘柄は制限があるので不自由に感じるかもしれませんが、これまで主流だった60秒よりさらに短い半分の時間でできる30セカンズの存在は、これまで以上に時間がない人向けに行えるバイナリーオプションであり、予想がしやすいという点では何よりも人気があるのも納得ですね。

公式サイトへ行く

デモ口座とプラットフォームの利用手順

オプテックは海外業者では珍しいことに、あらかじめ口座利用の疑似体験ができる「デモ口座」の利用が可能となっています。これは30セカンズのみならず、バイナリーオプション初心者の方も使ってみるとよりオプテックの使い方がわかるのでおすすめです。

使い方は公式サイトの左上メニュー「デモ取引開始」を選ぶことでお試しの取引が行えます。画面上で行われるのはデモなので、実際に資金を減らすことなく取引を仮想体験することが可能です。

■入金方法
入金方法は以下のとおり4種類あります。

1. 国内銀行振込
楽天銀行、ジャパンネット銀行

2. クレジットカード
VISAカード、MASTERカード

3. デビットカード

4. 電子決済
WebMoney

5. 送金による入金ウエスタンユニオン(ご利用の際はカスタマーサポートにご連絡下さい)

入金の操作方法はアカウントにログイン後、取引システム・プラットフォームの右側に「ご入金」という緑色ボタンがあるのでそちらをクリックし、入金へ進んで下さい。 初回入金の最低金額は25,000円以上です。資金を入金後、すぐに取引開始できます。

■出金方法
出金方法は画面上部のメニューから行います。「サービス案内 → 出金する」を選択してください。一見するとわかりづらいと思うので、こちらに画面のキャプチャを掲載しておきましたので参考にしてください。

方法が不明になったらチェックをしてください。出金画面になると金額を記入する画面が表示されますので、金額を入力後、「ご出金」ボタンをクリックしてください。そうするとその後にサポートから連絡がありますので、出金する意志と方法を確認されることになります。入金をクレジットカードで行っていた場合には、入金額分は「返金」形式で出金されることになり、手数料はかかりません。入金以上の額を出す場合は海外への送金となり、そのさいの手数料は2,500円~3,000円(25ドル~30ドル)かかることとなり、日本での受取手数料は1,500円ほどかかります。

月に2回まではクレジット、銀行両方ともにオプテックへの支払い手数料は無料となりますが、それ以降は2,500円(25ドル)かかります。

下記に掲載している注意点はオプテック公式サイトからの抜粋となっています。

弊社は国内銀行振込(ジャパンネット銀行、楽天銀行)に対応しておりますが、入金のみご利用可能で、これらのネットバンキングへは出金できません。
出金に関しては運営が海外であるため、海外送金となりますのでご了承ください。
出金リクエストと同時にご希望の金融機関(海外送金可能で被仕向け送金の取扱があるSWFT番号のある金融機関) をご指定ください。
当社規約では、安全のために、ご出金リクエスト後に関しましてアカウントマネージャーとのご確認が必要となります。
最低出金額は5,000円となりますので予めご了承ください。

■銀行振込可能
オプテックの最低取引金額は2,500円です。払い戻し率は高くできる可能性がありますが、ペイアウトの確率はハイ・ロー型では65%になっています。

また、サポート体制も日本語スタッフが在籍しているので安心できます。

サポートセンターに電話をかけると、たまに外国の方に当たるときがありますが、こちらから問い合わせると外国人スタッフが電話口に出ることがありますが問題ありません。なぜなら、片言とはいえ、向こうの外国人スタッフも日本語を使えるので、数時間後には日本人スタッフからサポートの連絡を受けられることが可能となっています。

オプテックの大きな特徴は他にもあり、オプテックは海外業者の中でもジャパネット銀行へ振込が可能な業者です。

公式サイトへ行く

オプテックの関連記事

オプテックのデモ口座で実際に取引してみた

オプテック(Opteck)は、顧客重視のサービスに定評のある海外バイナリーオプション業者です。取引オプションやアカウントタイプが豊富に揃っており、自分のトレードスタイルに合わせて取引を楽しめるメリットがあります。 なによ […]